【これが分かればチャネルは完璧!!】3つのチャネルの引き方

未分類

これまで学んだ3つのチャネルラインについての

復習をしていきたいと思います。

しっかりと理解して、ぜひ参考にされてくださいね。

 

 

0-2チャネルライン

0-2チャネルは一番大事なチャネルライン
・0波と2波に合わせてトレンドラインを引く。
そのラインと同じものを1波の山の部分にあてて引く。

引いたラインを上抜いてくるということは、

上に対しての優位性が強いと判断することが出来る。

綺麗に抜けてきたら買いが集まりやすく大きく延びることがある。3波が延びる要因となる。

このように、0-2チャネルを引くと3波の延びが掴めます

 

1-3チャネルライン

1-3チャネルは4波が4波であることを確認するライン
4波の終点はチャネルラインを割ってから終了することが多い

このように、0-2ラインが終わったら1-3チャネルを引いてみましょう。

チャートで確認してみましょう

まず0-2チャネルを引きます。

0-2チャネルが完成したら

このように1-3チャネルを新しく引いていきます

そして、4波が完成しました。

今回は、割っていってしまったので

機能はしなかったのですが、一つの

延びていくときの指針として1-3チャネルは引けます。

 

 

2-4チャネルライン

5波の終点を予想するチャネルライン
2波の終点と4波の終点を結んだラインと平行に1波終点から引く

5波の予想には、フィボナッチリトレースメント、エクスパンションも使うと有効です。

そのため、フィボナッチとチャネルを合わせて引いていくことによって

だいたいどの辺りまで延びてくるのかターゲットを見つけやすくなります。

 

こちらは0-2チャネルです。

だいたいこのチャネルラインの間を推移していくことが多いです。

 

ここは綺麗にラインで反発していますね。

このように、チャネルラインを引くことでおおよその目途が

立てられます。

中でも、0-2チャネルはしっかり引けるようにしましょう!

大事です。

  

まとめ

【0-2チャネル】

・3波が「推進派」なら0-2チャネルを超えてくるので推進派と判断できる

・多くのトレーダーがここを抜けてくるのか注目している

【1-3チャネル】

・0-2ラインを引いた上で引く

・4波が4波であることを確認するライン

 

【2-4チャネル】

・5波がだいたいどの辺になるのか予想するために有効なライン

・フィボナッチリトレースメントとエクスパンションを使うと更に有効

 

以上、最後までお読みいただき

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました