【エリオット波動】2波と4波の修正波について

記事

こんにちは!

 

本日は、

エリオット波動インパルスの中での2波と4波の修正波について、

学んでいきたいと思います。

 

2波と4波は異なる波形になることが多い

 

インパルス=上昇局面の形のことです。

 

その特徴として、
2波は深く戻し

4波は2波に比べると戻しが少ない

です。

 

インパルスの波で2波はジグザグという波形になりやすい(5-3-5)。

 

それでは、ジグザグとはどんな形だったでしょうか?

 


以前、勉強しましたが、ジグザグについて少し復習しましょう。

 

ジグザグ

上の図のように、

下位足でみると小さいチャートの波形になっています。

 
それが、1-2-3-4-5,1-2-3,1-2-3-4-5(5-3-5の波動構成)
という形で

 
インパルスの2波で出やすい戻すようなチャートの形になります。

 

一方、

4波は横這いの修正になりやすいです。

そこで出やすいチャートの波形にフラット・トライアングルがあります。

 

フラット

 


フラットはよく4波に現れやすく、

形としてはレンジ相場っぽくなります。

(詳しくは「フラット」をお読みください。)

 

トライアングル

3波が上がってきて終わり、

3-3-3-3-3という波動構成の修正波。

波の形がどんどん狭くなってきて

5波に行く。

図のような形です。

大きな波の直前最後のアクションとして出てきやすいです。

(詳しくは「トライアングル」について書いてあるこちらをご覧ください)

 

それでは、実際のチャートでどのように出ているのか

見てみましょう。

 


EUR/USDのM15
です。

 

実際のチャートで見てみよう

上のチャートの解説をしていきます。

 

①下降が終わって、そこから前回の高値をしっかり超えてきた上昇があります。

②①に対してフィボナッチを当ててみます。

 どこまで戻しているかみると、38.2まで戻しています。 深く戻していますね。

③そこからグーっと上がって、目標のターゲットライン161.8にタッチ

 ここで3波終了です。

③-④ここで161.8に一旦タッチして戻して、レンジのような形になっています

 

ここからわかることは、

 


やはり2波は4波より深く戻しているということです。
 

⑤そこからエクスパンションの161.8(5波)にタッチしてから

下落していっていますね。
 

この例のチャートをみても、

1波から2波の戻しはジグザグになっている。

3波から4波の戻しはフラットとなっている。

 

 


しかし、これは絶対ではない

 

んですね。

 

チャートにはこのような傾向があるということです。

これを知識としてもっておいてその上で

 

大事なことは3つ 

 

①フィボナッチで確認することが大事。

3波の終わりはどこか?始点の1波はどこか?

判断するにはフィボナッチを正確に使えるようになる必要がある。
 

②前の足の動きを確認すること

 

③上位足(1時間足、4時間足)の動きを確認すること

 

知識として以上のことを持っておいて、

実際のチャートで見て、

過去検証をしながら実践で活かしていくこと。

これが大事です!

 

 

【まとめ】

➀2波と4波は異なる波形になることが多い

➁2波は比較的大きな修正波になりやすい

③4波は横ばいの修正波になりやすい

④フィボナッチで確認することが大事

⑤実際に過去検証で沢山経験値を積むことが実践で活きる

  

 

以上が2波と4波の修正波の特徴になります。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました