【エリオット波動5波が取れる!!】正しい2-4チャネルの引き方を知る!

記事

今回は、3つのチャネルラインのうちの

5波の終点を予想する2-4チャネルの引き方について

見ていきたいと思います。

 

 

 

2-4チャネルラインの引き方

2-4チャネル

5波の終点を予想するチャネル
2波の終点と4波終点を結んだラインと平行に1波終点からラインを引く

このとき、3波に当たらないこともあるので、3波にも引いていい。

2本とも引くといいです。

2-4チャネルは5波の終点を予想するチャネルなので、

このどちらかに当たることが考えられます。

フィボナッチリトレースメントとエクスパンションも使うとなおいい

5波の予測として、

フィボナッチエクスパンションの161.8または261.8も5波終点の目安になります

チャネルの引き方・フィボナッチ・エリオット波動を身につけよう

この3つをマスターすれば、かなり優位性のあるポイントを見つけられるようになります。

なので色々と実際のチャートで試しながらみていってください。

 

 

チャートで見てみよう AUD/USD

AUD/USD H1を例として見ていきましょう。

このチャネルも5波タッチで売られていますね。

とてもきれいな2-4チャネルですね。

このとき、なんとなくラインを引くのではなくて

しっかりと前の足の状態を確認してから引くようにしましょう。

 

このように、前の足できちんと5波が終わって

修正波のA-B-Cも終わっていることを確認しましょう!

そこからの今回の1波ですね。

フィボナッチを引こう

上昇の第1波にフィボナッチを引きます

38.2がネックラインになっています。

続いてエクスパンションも引いていきます

そして、1波と3波の値幅を計ってみましょう。

1波と3波が同じくらいの値幅なので5波が延びる可能性あり
実際5波は127pips延びていた(5波が延びた)
まず2波と4波を見つける→そこにラインを引く

ラインを引く時は基本は実体に引きましょう。でもどちらに引いてもOKです。

エリオット波動を確認しよう

ここは、1波と4波が重なっているのでダイアゴナルですね。

ここから考えられるシナリオは何でしょうか??

考えてみましょう!

 

・そのまま5波まで行くのか
5波まで上がりきれずに修正波になるのか
・3波まで来ずに修正波を作っていくのか
だいたいこの3パターンが予測されます。
大きな移動平均線の上にずっとロウソク足があるときは上に挑戦するんじゃないかと言うシナリオの元このチャネルを引くとけっこう効いている

そのため、そのラインを割ったら売っていくというシナリオも立てられます。

このチャネルを抜けたら一気に売られていますね。

 

 

以上、

これまで、3つのチャネルラインを学んできました。

しっかりと落とし込んで実践の中で使えるようにしていきましょう。

 

 

まとめ

【2-4チャネル】

・5波の終点を予想するチャネル

・2波の終点と4波の終点を結んだラインと平行に1波終点からラインを引く

・1波と3波終点に合わせてラインを引く

・どちらかに当たってから5波が終わることが多い

・チャネルライン・フィボナッチ・エリオット波動を身につけよう

 

以上、

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました