【エントリーポイントが分かる!!】エリオット波動修正波の特徴とは

記事

エリオット波動の修正波A.B.C波についてまとめます。

こちらをよく理解して収益に繋げていってくださいね。

 

 

エリオット波動上昇5波

修正波の特徴を解説する前に

エリオット波動上昇の5波について復習していきます。

 

エリオット波動第1波の特徴

ここでは、一時的な上昇なんじゃないかと予測されるため、

この第1波を初動から捉えていくのは難しい場面です。

下落してきたその波がまだ続くんじゃないかと思われるためです。

 

エリオット波動第2波の特徴

この2波でも、また下げるんじゃないかというシナリオが

考えられるため、しっかりとした上げを確認する必要があります。

また、4波に比べると深い修正になりやすいのが特徴です。

 

エリオット波動第3波の特徴

 

最も延びやすいと言われる波がこの3波です。

ダウ理論、移動平均線、またテクニカルを用いても

上昇する可能性が非常に高いと言われる波です。

中でも、副次波(下位足)の3波は特に延びやすいと言われています。

 

エリオット波動第4波の特徴

4波は横這い(レンジ)になりやすいです。

 

 

また、フラットトライアングルという形になりやすいです。

そして4波の終了する目安は、3波の副次波の4波の始点から終点までです。

 

 

エリオット波動第5波の特徴

3波が成長した場合、5波が1波と同等の波になりやすいです。

これは、以下の図のように、1波と5波が同じ幅に

なりやすいということです。

また、1波と3波が同じくらいだと5波が延びるパターンがあります。

さらに、

3波を超えきれない場合もあるため、

そのため、5波は必ずしもあるわけではないです。

 エリオット波動修正波

続いて、修正波ABCの解説です。

 

エリオット波動A波

この局面では、移動平均線が上を向いていることが多いです。

そのため、まだ上に行くんじゃないかという考えを持っている人が

多いです。

ただ、4波のラインを抜いてくると形勢が変わり、下目線で見てくる

トレーダーも多くなります

 

 

エリオット波動B波

B波は判断を誤らせることのある難しい波です。

なぜなら、B波が5波まで戻し、上に行くのかなと思わせておいて

そこから落としてくることもあり、

または、5波をブレイクしてから落としてくるということもある

ためです。

素直に落ちるのだったら分かるのですが、このように

戻しが深く判断を誤らせることも多いためです。

そのため、初動で取っていくのはリスクが高いです。

 

 

そのため、しっかりとラインを割ってきたところを

狙っていった方が優位性は高いです。

上記のような局面ですね。

 

 

エリオット波動C波の特徴

C波は大きく下落していく波です。

ここでいうB波での楽観的な見方というのは、

下の図のように、まだ上にいくんじゃないかというシナリオのことです。

ここは上に対しての優位性が強い局面なので

もちろん上に行くこともあります。

そして、B波で入っていくこともできますが、

やはり先程のB波の特徴の所で説明したように損切にあってしまう

こともあります。

そのため、

ネックラインを超え、一回戻してから下がったC波で入っていった方が

期待値は高いと言えます。

なぜならここで入ると移動平均線も下向きになっているし、

売りが入ってくる局面なので、こういうところまで我慢した方が期待値が高いからです。

 

 

まとめ

それぞれの波の特徴をしっかり覚えておくことは大事です。

知識としてしっかりと今回の内容を頭に入れておきましょう。

 

【A波の特徴】

まだ上に行くんじゃないか

しかし4波を下抜いてくると下目線で見るトレーダーも多くなる

【B波の特徴】

・多くの投資家が判断を誤まらせやすい難しい局面

・深く戻すことも多いため、そのまま上に行くかと思わせておいて

 大きく下落することがある

【C波の特徴】

・大きく下落していく波

移動平均線の向きも確認しながらネックラインを割ったのを確認してから入っていくと

 期待値が高い 

 

 

以上、

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました