【実体験!!】気を付けてください!~150万円の投資詐欺にあった話~

記事

今回は、講師の先生が実際に150万円の投資詐欺に会った時の

リアルなお話になります。

ぜひ、うまい手口に皆様はかからないように気を付けてくださいね!

 

 

 

どうやって詐欺にあったのか

今から8年位前の話です。

当時普通のサラリーマンでした。

上司を見ればだいたい自分の将来がこうなるんじゃないかって

予想できる中で

「そうはなりたくない」

と思ってました。

 

何かやらなきゃりけないんだけれど

お給料も上がらないし…

副業しようかな…と

悩んでいました。

 

 

そんなときに、友達から

「俺、運用してもらってる人がいるんだよ。」

という話を聞きました。

 

 

その時、自分もお金を必要としていたから興味があって

その友達が信頼している人なら大丈夫かな

と思い、

話を聞きになぜか西新宿のタワーマンションに連れていかれました。

 

すごい高級マンションで「すごいな」って思いました。

 

話してくれたAさん(仮)から、複利についての凄さを特に聞きました。

「銀行にお金預けてても増えないでしょ?」

「人生を変えたいよね」「うまくお金を運用していくしかないんだよ」

「このままじゃだめだよね」

そういう絶妙なトークをされました。

僕からお願いしたくなるような言い回しをされ、

結果、お金を預け、契約書を書きました。

その時の契約書がこちらです。

 

金銭消費貸借契約書

です。

 

68万円をその人の個人口座に振り込んでいました。

それくらい一瞬で洗脳されました

 

詐欺師の特徴

 

 詐欺師には5つの特徴がありました。

めちゃ良い人

まず、めちゃ良い人という印象です。

「こんないい人いるんだ~」

って思ってしまう人です。

 

説得力がある

そして説得力があります。

話す内容に説得力があり、

この人についていけば間違いないんじゃないかって

思わせるような人です。

  

電話がよく鳴る

いろんな人から電話がかかってきていて

”やっぱり忙しいんだこういう人は”って

思っていましたが、

実際は催促の電話とかだったり

トラブルの電話だったんだと思います。

 

30代中盤

30代中盤の経験値を積んだ

凄腕のビジネスマンという印象だった。

 

紙一重

詐欺師と良い人は紙一重

ということです。

これが一番の学びです。

 

実際詐欺をするような怪しい人にはお金を預けないですよね。

 

詐欺師は、自分はいい人だっていう信頼感や説得力を与えるんです。

ちょっと会っただけなのに安心感を与える能力が凄いです。

実際そんな詐欺師にあうなんて思ってもいなかったです。

それでもあってしまうくらい、

詐欺師は凄いです。

めちゃめちゃいい人と詐欺師は紙一重です!!

 

安心させるレポート

 

実際お金を送金すると毎月ちゃんとレポートが来ていました。

それっぽい文書が来ていて安心させます。

FXで運用していて、

 +4000円とか+1000円だったのですが、

銀行に預けておくより全然増えていて凄い!と思っていました。

 

そのため、結果的にまたお金を入金してしまいます。

会社で働いていたので、ボーナスが入ったらすぐ送金していました。

結果的に150万円くらいその人に送金しました。

今考えれば、個人口座にお金を送るなんておかしいですよね。

なのに入れてしまったんですね。それくらい

いい人に見えて信じ切っていました。

 

そしてある時、「運用体制の変更について」というPDFが

きました。

これを読んだら、当時の自分はお金のことなんて

全く分からなかったので、「なんか凄そう!」

と思ってしまっていました。凄そうだからいいかな

思ってしまっていたんですね。

 

そして次のレポートが来ました。

 

「リスクヘッジ」

「スイスの銀行」

ってなんだ??

なんだか凄そう。

今だったらあり得ないって思えるけれど、

「年間10%の利益を生み出すことが出来る」などなど、

凄い!!安心だ!!

と、当時の自分からしたらすごく、完全に洗脳されてしまって

いました。

 

呼び出された

ある日、Aさんから電話がかかってきました。

「会社の経理の女の子がミスをした。

30万円貸してほしい。」と言われました。

 

僕はその日に30万円手渡ししました。

1週間で返すと言われ、手書きの契約書みたいなものを

その場で書きました。

ところが、

一週間経ってもお金が返ってきません。

そこで、連絡をしました。

「あの件どうなっていますか?」

 

しかし、それ以降連絡が取れず、そこで終了です。。。

150万円は消えました。。

 

投資詐欺にあわない為に気を付けること

詐欺師は、

情報がない人を狙っています。

 

また、お金絡みの話が来るとき、

今回のように友達から、「運用してもらってる人がいるよ」などと

言われるとき、

99.9%が詐欺。

そこで確認すべきは、

金融商品取引業者かどうかです。

 

人のお金を預かって運用するということには、

この資格が必要です。この免許を持っている会社かどうか

必ず調べましょう。

次に、

契約締結前交付書面はあるかどうかです。

これは、取引に先立ち、

きちんと

「取引内容」「リスク」「手数料」などの

重要事項を記載した書面のことです。

そして、

会社のホームページはあるかどうか、。

社長の名前がある

金融商品取引業者の番号が載ってる

 このような証券会社でしたらOKですが、

友達の紹介でというだけだとだいたい詐欺です。

 

 

投資詐欺にあって気付いたこと

詐欺にあって気付いたことが5つありました。 

無知は罪

もちろん詐欺師が99.9%悪いのですが、

無知は罪だなということです。

知識がない、知らないということは

大変なことになるんだということです。

お金に関わる詐欺は取り返しのつかないことになるので

知識を付けましょう。

 

そんな話はない

 年利10%、20%、月利5%・・・

 

そんな話はない。

そんな話があったら世の中みんなお金持ちになって

います。

 

ちゃんと勉強しよう

それ以来、ちゃんと勉強をして

僕は証券会社に入社し、金融商品を扱えるような

一種の外務員資格を取りました

 

  

それから、

内部管理責任者という資格も取りました。

 

人のお金は運用できない

今は証券会社を辞めてトレードをしていますが、

人のお金は運用出来ないと思いました。

 

トレードやっていて、自分のお金でさえ

なくなる可能性もあるのに

人のお金の運用は出来ないと思いました。

詐欺師はそもそも運用していないし、

人のお金を人のお金と思っていません。

  

若いうちで良かった

投資詐欺にあうことは良くありませんが、

これが若いうち(20代前半)で良かったと感じました。

 

そのことがあり、色んなことに気づかされたので

そういう意味では良かったと思います。

 

歳を取ってから一気に全財産を失うより

若い時に失敗して色んなことを学べて、

自分自身の知識をつけないと資産運用って出来ないんだなということに

気付けたので、

それは良かったなと思っています。

 

このように悪い人はたくさんいます。

この話を参考に、ぜひ知識を付けて、

そういった被害者が減ればいいなと思うので

みなさんも気を付けてください。

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました