【必見!!】ウォーレン・バフェットがビットコインを買わない3つの理由

記事

本日は、先日記事にもなっていた、ウォーレン・バフェットが、

なぜビットコインを買わないのか?について検証していきたいと思います!

世界一の投資家がビットコインについてどう思っているのか、気になりますよね?!

早速見ていきましょう。

 

 

 

現在のビットコインの価格

 

現在のビットコインの価格は約360万円です。

一時期440万円近くまで急騰しました。

しかし現在、急落しています。

2020年末から年明け2021年1月3日までの5日間で23%上昇

なんとこのように、ビットコインはたったの5日間で23%も上昇しました。

これは、ビットコインを持っている投資家にとっては嬉しいニュースでした。

しかし、ウォーレン・バフェットがビットコインについて何と言っているかというと、

 

ビットコインは殺鼠剤の2乗のようなもの

と表現しています。

殺鼠剤・・ねずみを殺す薬のこと

 これは、バークシャー・ハサウェイ(ウォレットの会社)の副会長が2014年に

ビットコインは殺鼠剤のようなもの

と言ったのですが、

その後また価格が急騰したため、バフェットが「2乗」という表現をしたものです。

 

ウォーレン・バフェット ビットコインは買わないと公言

2020年2月頃、1ビット1万ドルだった時にバフェットはこう言っています。

私は暗号資産を一切所有しないし今後も所有することはないだろう

バフェットは、ビットコインがどれだけ高騰しても買わない!!と言っていました。

なぜ、そこまで頑なに持たないと言うのでしょうか?

理由を探っていきます。

 

ウォーレン・バフェットがビットコインを持たない理由

 

裏付けとなる価値がない

ウォーレン・バフェットの投資のスタイルは

バリュー投資と言われるものです。

バリュー投資
現在の株価水準が、その企業が本来持っている価値や業績に対して
 割安であると考えられる銘柄に積極的に買い付けていく手法のこと

 

彼が投資するのは、会社が過小評価されていて、これからしっかり利益を生む会社

そういうところに投資するのが彼のスタイルなんです。

彼から言わせれば、ビットコインというのは、

収益も生み出さないし配当も生まれないもの

さらに、

買う人がビットコインの価値を決めてお金を出しているため、

ビットコインそのものには本質的に価値がない

と考えているようです。

 

自分が理解できる事業にしか投資しない

彼は一貫した投資スタイルを貫いています。

それは、

・コカ・コーラ

・アメリカン・エキスプレス

など、安定した会社に投資し続けることです。

そして、

投資をする分野がウォーレン・バフェットの専門分野外の場合、ほぼ手を出さない

と決めています。

このように、自分の理解できる分野にのみ投資する、そういうスタイルを持っています。

 

しかし、彼はこのように思っています。 

ブロックチェーンには好印象を持っている

ウォーレン・バフェットは、ビットコインは持たないと言っていますが、

ブロックチェーンにはとても好印象を持っています

ブロックチェーンは今後10年で、決済産業で重要な役割を果たす

ブロックチェーンには大きな可能性がある”

そのように、ウォーレン・バフェットは語っています。

 

ビットコインはきわめて投機的な投資だから

バフェットは投資家であり、投機家ではないんですね。

投資・・価値に対してのリターン
投機・・確率に対してのリターン

 

投資いうのは会社の価値、ですよね。

コカ・コーラなどの会社のうみ出すサービスやモノ

そういうものが長期的に投資家にリターンを出してくれる、そうしたものに

お金を投げます。

一方、投機は確率に対してのリターンとなります。

パチンコなどもそうですね。

期待値で計算をして、リターンを出します。

ウォーレン・バフェットは、このビットコインに対しては

投資ではなく投機だと考えています。

だから、「ビットコインは買わない」ということなんですね。

 

 

ウォーレン・バフェットとのランチ

 

仮想通貨トロンの創業者、ジャスティン・サンは、ウォーレン・バフェットとの

ランチに5億円かけて参加の権利を獲得しました。

その内容は・・

時間は3時間程
食事は、ステーキとコーラがメイン
食事代は500ドルくらい
ですが、
ウォーレン・バフェットと食事をするという権利に460万ドル(約5億円)を払いました。
これはそのまま寄付となっています。

これは毎年行われている非常に有名なランチです。

ジャスティン・サンは、

仮想通貨はこれから流行るからと、ウォーレン・バフェットにトロンを少しプレゼントしました。 

しかしそれでもバフェットは、

「ビットコインは買わないよ」

と言っているそうです。

ジャスティン・サンは、

約5億円の食事と、515ドルの食事代をもって、

「お金に換えられない学びを得た」

言ったそうです。

 

まとめ

今現在ビットコインは360万円くらいです。

ウォーレン・バフェットは今、ビットコインは買わないと言っています。

しかし、 ウォーレン・バフェットが持っている株に「Apple」というテクノロジー株があります。

彼は以前、「テクノロジー株は買わない」と言い続けていました

しかし、今保有しているわけなんですね。

この企業は延びるから、と言って、会社として保有しています。

そう考えると、

今現在は、ウォーレン・バフェットはビットコインを買わないと言って保有していませんが、

Apple株のように未来、なるかもわからないですよね。

今よりももっとビットコインの認知度が上がって流通するようになれば、

バフェットも買うこともあるかもしれません。

ぜひ、そのことも踏まえ、自分でしっかりと分析して考えて将来に向けて

買っていくというのが凄く大事なんじゃないかなと思います。

 

それでは、以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました