【必見!!】フォレックステスターでMT4のようにチャートを定型表記させる方法【FX】

記事

フォレックステスターでMT4のようにチャートを保存する方法について

解説していきたいと思います。

 

バイナリーオプションやFXをされていて

このMT4を使っている方は結構いらっしゃると思います。

様々な通貨を見られていると思いますが、

どの通貨、あるいはどの時間足でも同じチャートでトレードしたい

という方に、そのやり方をご説明します。

 

 

MT4を定型保存する方法

インジケーターなどを入れて作ったチャートを保存したい時

左上バーの

チャート➡定型チャート➡定型として保存

これでチャートが保存されます。

その際分かりやすい名前を付けておきましょう。

例えばドル円を開いてみた場合、デフォルトで開くと下のようなチャートです

このようなチャートが出てきます。

そして、

チャート➡定型チャート➡保存したものを選択

⇓⇓⇓

すると、いつものチャートにすぐに変換することが出来ました。

 

これと同じことがフォレックステスターでも出来るので

次に説明していきます。

 

 

フォレックステスターでチャートを定型保存する

タイムフレームで時間足を選択

ここでは1時間足を選択しました。

②インジケーターを入れます。ここでは移動平気線を3つ入れていきます。

③300日線を使いたかったら300を入れます。「適用」でそこから

300日線が始まります。

一個一個「挿入」→「インジケーターを追加」→「トレンド」で入れていく

テンプレートを保存

インジケーターを入れてチャートを完成させたら

そのチャートを「定型保存」します。

今回の場合ですと、移動平均線3本入れたらこのチャートを定型保存します。

この時に、今H1ですよね。

なので、テンプレート名を「H1移動平均線」として「保存」します。

これをそれぞれの時間足ごとに作る
一度作ってしまえば新規プロジェクトから通貨を入れた時にいちいちインジケーターを入れる手間が省ける

ここで例えばM15とH1のチャートを作成します。

そうするとマルチタイム分析ができます。

この時、それぞれの時間足を見ながら移動平均線の動きを見たいな

というときに、先ほど作ったテンプレートを使って

「表示」→「テンプレート」→「M15移動平均線

から、移動平均線3本が入ります。

大変便利です。

同じようにH1にも入れていきます。

入れてすぐ反映されないが進めていくと出てくる

移動平均線はロウソク足過去何本分というもののため、すぐには反映されませんが

出てくるので安心してください。

 

このように、違う時間足を同時に表示させて

比べることで、M15はこの動き、H1はこういう動き

という風に分析することが出来ます。

これは移動平均線に限らず、RSIやストキャスにももちろん使えます

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

MT4と似てるのですが、若干このように使い方が違っているので

この定型チャートの使い方を覚えたらとても便利なので

ぜひ活用していただければと思います。

 

それでは、最後までお読みいただき

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました