【3波が取れる!!】0-2チャネルの正しい引き方を知る!

記事

今回からチャネルラインシリーズです。これまでエリオット波動は何度か

勉強してきましたが、このチャネルラインが分かるようになると

さらに精度が上がります。

今回は0-2チャネルです。

とても大事な部分なので、しっかりと頭の中にいれておいてください。

 

 

0-2チャネルラインの引き方

①まず、0波と2波にトレンドラインを引きます(A)

②①と同じ角度の線を1波頂点に合わせて引く。

コピーの仕方は、

・①で引いたトレンドラインを左クリックを2回押して丸ポチが出てくる状態にします

・その状態で「Ctrl」キーを押しながら

・ドラッグして、1波頂点で離します。

0-2チャネル自体はこれで引けました。

 

0-2チャネルで分かること

0-2チャネルを何故引くのかというと、

その後のロウソク足が推進派なのか修正波なのか判断するために引く
 
 

 

そのため、

・0-2チャネルを上抜いてきたら推進派

・下抜いてきたら修正波 だと判断します。

 

そのため、

多くのトレーダーがここを抜けてくるのかどうかを注目していて、

綺麗に抜けてきたら買い注文が入りやすいです。

 

これが3波が大きく延びる要因になる

 

逆に、エントリーをしていて下に抜けてきた場合は

損切りをしましょう。

 

 

EUR/JPY H1 0-2チャネルを引く

実際のチャートで見ていきましょう。

ユロ円の一時間足です。

まずは0-2チャネルラインを引きます。

 

 

引くと以下のようになります。

 

 

同時に上昇の1波を見つけた時点でフィボナッチを引いていきます。

 

 

このように38.2で意識されているのを確認します。

 

このように、チャネルラインを引いてみると良く意識されていることが

分かります。

このチャネルラインは長期的に意識されることが多いです。

 

さらにエクスパンションも一緒に引いていきます。

 

 

エリオット波動を確認してみましょう。

 

きれいなエリオットが引けます。

 

1波と2波の見つけ方

1波と2波を見つけるのが最も難しいですよね。

見つけたらフィボナッチを引きますが、間違ってしまうと

きれいにカウントできません。

そこで、チャートの見方の1つに、

1波と2波で小さな山が出来るというのがあります。

その見方を解説します。

 

上のチャートのように、

1波と2波に三角形の図形を合わせると小さな山が出来るのが

分かるかと思います。

次の3波では、この三角形がより大きくなります。

1波より3波が大きくなることが多いためです。

そのため、このチャネルを上抜いてきたときはやはり推進派だと判断

できます。

 

H1

 

0-2チャネルは意識される

先程のユロ円の過去チャートを見てみましょう。

 

このように、0-2チャネルを引いてみると

さまざまな部分で意識されていることが分かるかと思います。

 

ぜひ、しっかりと0-2チャネルの引きかたを覚えて

実践していきましょう。

 

0-2チャネル まとめ

 

まとめ

・エリオット波動の0波と2波の始点を結びトレンドラインを引く

・1波の終点に複製して同じものをあてる

・ロウソク足が推進派なのか修正波なのかを判断するために引く

・推進派なら0-2チャネルを上抜いてくる

 多くのトレーダーが注目するポイント

・3波が大きく延びる要因のひとつ 

・下抜けていく場合は損切が必要

 

 

以上

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました