【FX】 実弾エントリーまでの3ステップ 徹底解説

記事

こんにちは。今回は、実弾エントリーまでの3ステップということで、実際にエントリーするまでの流れを3つのステップに分けて解説をしていきます。

実際に日頃坂本先生が意識していることなので、ぜひ参考にされてみてくださいね!

 

 

実弾エントリーまでの3つの大事なステップ

3つのステップは以下の3点になります。

①環境認識・通貨ペア選択
②相場全体の流れを確認
③短期足の流れを確認して、トレンドラインを引く

この3点の内、①と②が特に大事です。
なぜなら、環境認識をしっかり行うことで下位足で優位性の高いエントリーができるからです。

それでは具体的に見ていきましょう。

 

環境認識・通貨ペア選択

まず、全ての通貨を4時間足にします。そうすることで全体の流れを確認していきます。

EUR/JPY

4時間足を見ていきます。

EUR/JPYを見ると、現在3波の途中です。3波は1波と同じくらいは延びるので、黄色の四角で囲ったくらいはまだ延びると仮定します。

次に1時間を見ていきましょう。

1時間足でも同じようにトレンドラインを引いていきます

そうすると、非常に意識されていることが分かります。ヒゲで跳ね返されています。

どこでエントリーするかというと、

現在中途半端な位置にロウソク足がいます。

なので、しっかりとトレンドラインまで戻してきたときにエントリーしようと準備をしておきましょう。

次にGBP/JPYを見ていきます。

基本的にクロス円は似た動きをすることが多いので、まず4時間足で見ていきましょう。

 

GBP/JPY

GBP/JPYもまずH4でトレンドラインを引いていきます

このように引けます。非常に意識されています。

ちょうど、上のラインで3回叩いている所で、三尊ぽく見えます。GBP/JPYは注目ですね。基本的には上目線です。

1時間も見ていきましょう。

1時間で見ても非常に上への力が強いです。

トレンドラインを引いてみましょう。

このように引けました。

ここをもう一度4時間足で見てみると、

4時間足で見ても、黄色のラインを超えると上への優位性はより強くなります。

逆に、ここを下抜けたら一気に下落の可能性もあります

つまり、GBP/JPYは上に行くか下抜けるかが非常に注目なポイントです。

 

EUR/USD

このように次々見ていきます。次はEUR/USDです。

まず4時間から見ていきます。

まずトレンドラインを引きます。

このように、非常に綺麗なチャネルが引けました。

1時間足を見ていきましょう。

1時間ではこのようにトレンドラインを引けました。

今ここで入っていくというのは難しい局面です。

入るとしたら戻したところ

または、トレンドラインを割ってきたところです。

このようなポイントでしたら入っていきますが、今はまだ入れません。

次にUSD/JPYを見ていきましょう。

 

USD/JPY

USD/JPYも4時間でトレンドラインを引いていきます。

このような2つのラインが引けました。

全体が上げている状況なので、基本的には買い目線です。

1時間でもトレンドラインを引きます。そうすると、持ち合っている状況です。

 

ここをM15で見ていきます。

15分で見ても、このように持ち合っています。ここで入るとしたら、この持ち合いを上抜けて、一度戻してきたポイントです。

しかし、逆にいってしまうこともありますよね。

その場合はまた下がってしまった時のシナリオを考えます

下がったら、ラインを抜けて入るのではなく、その戻しで入りましょう。

 

 

相場全体の流れを確認する

ここまで見てきたように、相場の流れを主に4時間足で確認します。

確認したら、再度相場をチェックしてトレンドフォローできそうなポイントを確認します。

 

短期足の流れを確認してトレンドラインを引く

流れを確認したら、M15・M5などの短期足でエリオット波動の1波、2波を確認して3波で入っていきます

 

ここまで見てきていかがでしたでしょうか。

大事なことは、自分のトレードの型・軸を作ることです。

チャートというのはランダムに動いているように見えますが、人間の心理と思惑が交錯して出来ています

そこには、一定の癖やパターンがあります。それらを型として記憶することで、未来同じような動きをした時に予想しやすくなります

人間の行動パターンというのは、歴史を振り返ってもそんなに変わりません。だからこそ優位性があるポイントや自分の鉄板パターンを作ることが必要になります。

そして、どういったところに優位性があるのか。それを理解できれば、FXでそんなに大きく負けることはないかと思います。

あとは資金管理が大事です。

今回は以上になります!

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました