【FX】これで分かる!【鉄板!!】理想のエントリーポイントの探し方

記事

今回は、現在上に延びていきそうな勢いのある

EUR/JPYのリアルチャートを見て、エントリーポイントを

見つけていきましょう!

 

 

EUR/JPY 日足

まずは日足から見ていきましょう。

 

日足レベルでチャートを見ると

エリオット波動第1波、2波を作っていて

3波がグッと上がって行きそうに見てとれます。

 

H4

こちらがH4です。

 

次にH1を見てみましょう。

 

H1

H1を見ていきます。

フィボナッチリトレースメントを当てると

きれいにエリオット波動第1波、2波が確認できます

 

161.8で跳ね返っているので、

そこが3波になります。

フィボナッチエクスパンションも引いてみます。

FR261.8で5波が綺麗に跳ね返っていますね。

綺麗なエリオット波動を形成しています。

 

そこから、トリプルトップを作っています。

トリプルトップを作って

修正波のA-B-Cに入っていきます。

 

修正波のA-B-Cが終わると

また上昇の1波が始まるのかなとシナリオを

立てます。

 

ここを見ていくと、ちょうど高値で意識されて

止まっているのが分かると思います。

移動平均線も全体が上を向いています。

 

EUR/JPY ② 日足

日足をまず見ていくと、長期の移動平均線の上に

ロウソク足があります。

 

 

H4

H4でもロウソク足が移動平均線の上にあります。

 

H1

H1でも長期の移動平均線の上にすべての移動平均線、ロウソク足

あります。

これは、どういうことかというと

上に対しての優位性が非常に高い

ということを表しています。

これを念頭に置いて、下位足を見ていきます。

 

M15

上昇の1波と思われるものに気づいたら

修正波が終わっているか確認しましょう。

 

A-B-Cを作って3回叩いてから上昇していますね。

 

 

しっかりと高値を超えてきていることで

上昇の第1波と判断ができます。

 

そこにフィボナッチを引きます。

ネックラインを抜いてから上昇していますね。

この61.8でしっかりエントリーできていたら良いです。

 

移動平均線を見ても

完全にパーフェクトオーダーです。

これは上に対しての優位性があります。

 

ここで金曜日のマーケットが終わっているので、

この先どうなっていくのか、シナリオを考えてみましょう。

 

チャネルを引く

まずチャネルラインを引いてみます。

もしこのラインを下抜いてきてしまったら注意です。

 

ターゲットラインは161.8です。

 

ここは、絶対的な上に対しての優位性があるので

61.8で入ることは理想的なエントリーポイントでしたね。

ぜひ、日々の分析に参考にしていってください。

 

 

まとめ

日足、H4、H1全ての移動平均線の上に

ロウソク足がある時、

また、移動平均線がパーフェクトオーダーの時、

上に対しての優位性が非常に強い

 

 

以上です。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました