【FX】エリオット波動 下落の3波鉄板エントリー【USD/JPY】

記事

今回は、FXの下落の3波を取った鉄板のエントリーポイントの解説となります。
通貨はドル円です。

それでは見ていきましょう。

 

  

USD/JPY 環境認識 

いつものように、環境認識からしていきたいと思います。
こちらは日足です。

日足

 

大きく下落してきた局面から、上の斜めの線を上抜いて高値を作りました。
そこをまた下がってきて、また大きく上昇してきているという局面です。

ここに、フィボナッチを引いていきます

続いて、エクスパンションも引いていきます。

 

次に、エリオット波動をカウントしていきます。

 

エリオット波動3波が161.8で高値となっています。
そうなると次は4波がどうなるか、です。

そしてこちらの形は、「インパルス」という非常に勢いのある波形です。

この4波はおそらく、限定的な下げになるのではないでしょうか。

 

次に、H4を見ていきましょう。

 

H4

H4でもまずフィボナッチリトレースメントとエクスパンションを引きます。

そうすると、以下のように引けます。

ちょうど5波がエクスパンションの161.8にタッチして5波が終わったのかなというイメージです。

そうすると修正波が以下のようになります。

次にH1を見ていきます。

 

H1

ここで注目していきたいと思ったのは以下です。

この、5波の終わりの箇所ですが、高値を更新しています。

次に、

高値を超えきれませんでした
さらに、安値も切り下がっています

そうなると、シナリオとしては、

下げていくシナリオと考えます。

 

次に、M15を見ていきます。

 

M15

M15で見たときに、高値同士を結んでトレンドラインを引いていました。
そして、高値が超えきれませんでした。さらに、安値も切り下げています。

そうすると、次に、この安値に合わせてチャネルラインを引いてみます。

 

 

そして、どこでエントリーしたかというと、

ここがトリプルトップになっています。
その、3回目の山の頂点で入りました。

この斜めのラインを超えたら軽く損切りするシナリオでした。

どこまで保有するかというと、

このピンクの〇で囲っている部分まで保有するシナリオでした。

そして結果的にここで利確できました。

リスク:リワード

このエントリーのリスク:リワードは、以下のようになりました。

リスクリード=1:8

リスクが1に対して、見込める収益(リワード)が8のトレードが出来ました。

これが優位性のあるエントリーです。

長期足で5波目の波が終わり、そこから下落の波に変わっていく、そこを捉えた
すぐに損切をする。取れるときに大きく取る

今回は3波を取れたということもあり、大きく取れました。

今回のエントリーは、午後3時くらいにポジションを持って夜中1時頃決済されたので、だいたい7時間くらいの保有時間でしたので、デイトレードです。

このように、リスク:リワードが1:8くらいであれば、

勝率30%
10回中3回
勝てればプラスです

このように、インジケーターがどうのこうのよりも、資金管理とリスクリワードが大事です。

この2つを大事にしていればFXで大きく溶かすということはないと思います。

今自分の口座に入っている資金の最大損失を何%にして勝率がこの手法だと何%くらいかなと、
練習ソフトを使って沢山練習すれば、コツコツ勝ちを増やして行けるようになります。

なので、ギャンブル的なトレードをやってしまうととてももったいないです。
しっかりとした基礎知識をつけてトレードして行っていただければと思います。

 

今後のシナリオ

この後のシナリオは、ピンクの〇の部分まで戻ってきたらまたもう1回売っていくシナリオです。

おそらく休憩しつつこのように下がっていくのかなと考えています。

 

今回の動画が参考になれば幸いです。

 

それでは、

最後までお読みいただかいありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました