【FX】エリオット波動基本波形② 「ダイアゴナル」とは??

FX

こんにちは!

 

今回はエリオット波動基本波形のシリーズ2回目、

「ダイアゴナル」について

学んでいきます。

 

しっかりと落とし込んでいきましょう!

 

ダイアゴナルとは5波動構成の推進派

ダイアゴナルは、

インパルスと同じく、

チャートが上昇していくときに良く

出てくるひとつのチャートパターンです。

 

構成としては、

3-3-3-3-3

または

5-3-5-3-5

5波動構成です。

 

これは、例えばH1でチャートを見たときに

その下位足(M15とか)が

3-3-3-3-3または5-3-5-3-5で

構成されている

ということです。

インパルスとの違い

同じ推進派であるインパルスとの違いについて

見ていきたいと思います。 

4波が一波に重なる

インパルス(⇦インパルスについてはこちら)との大きな違いというのは、

4波が1波に重なるということです。 

 

インパルスが4波と1波が重なることは

あまりありません。

 

2波が深く戻す

もうひとつの特徴としては、

インパルスと同じく

2波が深く戻すということです。

 

1波から2波の戻しに対して

3波から4波の戻しはそこまで大きくありません。

 

すっきりしない推進派

 

インパルスというのは、

勢いよくバコーンとあがっていきますが、

 

ダイアゴナルは、上がったり下がったりしながら

結果的に上がっていくようなチャートの形になります。

 

チャートで具体的に見てみよう

実際にチャートで見てみましょう!

 (※チャート上の数字は波動のカウントです。)

まず上昇の第1波を探します。

しっかりと前回の押し目部分をグッと切り上げているポイントですね。

これがエリオット波動の第1波になります。(チャートの①部分)

 

次に、

1波のてっぺんにフィボナッチを当てます。

 

ネックラインを超えたときに大きな上昇があるので

そこを意識してフィボナッチは引いていきましょう。

 

次に、

5波を確かめるため

フィボナッチエクスパンションを引きます。

FE261.8でしっかり反発していますね。

それを踏まえ、

もう一度波動をカウントします。

 

これは典型的なダイアゴナルの形となります。

 

エリオット波動のポイント

 

エリオット波動のポイントとしては

1波と3波が同じくらいのpips幅の場合、

5波が延びることが多いです。

 

逆に、

3波が1波の倍くらいの延び幅

または一気に延びた時は、

5波が1波と同じくらいの延び幅になることが多いので

 

知識としてぜひ覚えていておいてください。

 

 

まとめ

・ダイアゴナルは5波動構成の推進派

・3-3-3-3-3または5-3-5-3-5

・4波と1波が重なる点がインパルスとの大きな違い

・2波が深く戻すのが特徴

・上がったり下がったりしながらゆっくり推進していく

・1波と3波が同じ延び率だと5波が延びやすい

・3波が1波の倍くらい延びるとき5波が1波と同じ延び率になりやすい

 

以上のことを踏まえ、

良く出てくる形なので

チャートを見てダイアゴナルの形を

探してみてくださいね!

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました