【FX】チャネルラインからわかる優位性のポイント~フォレックステスターでドル円解説~

記事

今回は、FT4(フォレックステスター)を使ってドル円の売りエントリーポイントの

解説をしていきたいと思います。

 

 

ドル円ショート解説

左がドル円のM15 右がドル円のH1のチャートとなります。

 

フィボナッチを引く

まず、

チャートを見ると、大きく延びて行っています。

大きく延びて行っている時はどこまで延びるか見るためにまずフィボナッチを引く
長期足から見ていくことが大事

H1で1波を見つけます。

3波は、161.8なのでそこに合わせます。

今回は上髭が連発しています。

4波まで引けました。

次に考えるシナリオは5波がどこまで続くのか

ということになります。

現在上昇中なのでチャネルラインも一緒に引いてみます。

 

チャネルラインを引く

上のようにチャネルを引きましたが、

0-2チャネルを超えてきているため、強い推進派になりやすいです。

 重要なことは、

5波がどこまでいくのか考えなくてはいけない

ということです。

エクスパンションの161.8も今回は超えてきています

261.8まで延びていくと予測してみる

 

値幅

ここで次に見てほしいのが値幅になります。

 

1波がだいたい82pips

 

3波が120pipsです。

 

1波が小さいと3波が一番大きくて1波と5波は同じくらいになりやすい

そして、今の時点で1波と同じ82pipsは超えてきているので、

3波と同じくらいはのびるかもしれないと考えます。

そうすると、261付近まで延びて行く可能性もありますね。

本当にそうなるかはわかりませんが、シナリオを立てるというのはそういうことです。

 

そしてみていくと、261付近で下落をしています。

このように波動をカウントします。

このとき5波が終わるということは、次は修正波だなと考えていきます。

 

下落の第1波

チャートを見ていくと

①でH1が下げてきているのを確認します。

②のM15を見ると安値をしっかり下げてきていることが分かります。

下落の第1波と判断します。

 

フィボナッチを引く

そしてフィボナッチを引いていきます。

 

次にチャネルを引きます。

チャネルを引く

0-2チャネルです。

チャネルのこの間を行ったり来たりすることが多い

そうすると、これだけ綺麗な形を築いているのであれば、

修正波下落か3波まで落ちていく可能性はあります。

移動平均線の向きは逆ですが、チャネルを見ながらエントリーをしていきます。

 

利確は161.8付近にセットします。

この時大事なのが、

長期足の分析をした上での下位足
です。

この先を見ていくと、

チャネルラインを上抜いてきました。

ここで考えないといけないのが、

今のチャネルを残したまま斜めのチャネルを引く

このチャネルを上抜いてきたら考え直さないといけません。

 

見ていくと、このラインでちょうど支えられています。

 

ラインを抜けてきました。

しかし、今度はレジスタンスとして機能しています。

そしてこのまま見ていくと、

抜けていきました。

 

角度が強いと強く下がっていきます。

またチャネルを引いてみます。

勢い良く下がっています。

H1を見ていきます。

長期足で確認

 

H1を見ていくと、ちょうど3波休憩中ですね。

 

そのまま下げて利確されました。

 

このとき、やはり斜めのラインが意識されています。

 

まとめ

このように、斜めのラインはかなり意識されやすいので、

ぜひみなさん、たくさん練習して斜めのラインを活用していってください。

 

それでは以上になります。

 

まとめ
・長期足から分析する
・0-2チャネルを引く
・0-2チャネルを超えてきたら強い推進派と考えられる
・1波の値幅を見る
・ロウソク足はチャネルの間を行ったり来たりする傾向があるため
 斜めのラインは有効に使える
タイトルとURLをコピーしました