【FX】トレンドはいつまで継続するの?

記事

今回は、トレンドがどこまで継続するのかについて解説していきたいと思います。

トレンドがどこまで継続するのかが分かるようになれば、利確ポイントも決めやすくなります

よね。

それでは見ていきましょう。

 

 

チャートパターン

上記4つのチャートパターンについて見ていきたいと思います。

・V字(ワントップとも言う)

・ダブルボトム

・トリプルボトム

・ヘッド&ショルダー

これらは相場の転換点で出てくるチャートパターン

です。

この4つのチャートパターンは暗記して覚えましょう!!

これらのチャートパターンを覚えておくと、トレンドの継続やチャート形成にこれらの形がヒントになるので覚えておきましょう!

 

それでは具体的にチャートで見ていきましょう。

 

チャートパターン V字

上のチャートを見てください。

まず大きく下落をして、ネックラインを割って上昇して行っています。

そこからまた下落しました。そのあとまた上昇していますが、

この時のチャートの形がV字ですよね。

そしてネックラインを超えてまた上昇していっています。

よく見るとたくさんVの形になっています。

オレンジの□部分がV字になっていますよね。

 

安値を更新していなければトレンド継続

ネックラインに注目してください。

チャートを見ていくと、ネックラインを超えてしまうとチャートの形が崩れます。

つまり、

安値を抜けていかない限りはトレンドは継続していく

んですね。

チャートの赤の矢印部分が、安値を更新しています。

そうなると、チャートの形がこのあと変わってくることが多いということです。

 

 

チャートパターン ダブルボトム

こちらはダブルボトムです。

ずっと上昇してきて、ダブルボトムを作っています。

そこを抜けて、またダブルボトムを作っています

抜けてはダブルボトムを作り・・と続いていますが、

高値を更新して下降トレンドが終了しています

このように、

チャートの転換期に作ったパターンによって、トレンドがどの辺で終わるのか判断できる

ということなんです。

 

USD/JPYの1時間足を見てください。

ここも、よく見るとV字を作っては上昇、V字を作っては上昇していますよね。

このように、

チャートは法則性を持って動くことが多いです。

更に見ていくと、

ダブルボトムを作って、抜けて、またダブルボトムを作って、抜けて、います。

 

こちらも、V字を作っては上昇、作っては上昇をしています。

 

このように、

チャートの転換期をしっかりと見極めていくことで、

途中のトレンドの形もある程度シナリオとして予測が出来るので

まずは今回紹介したチャートパターンを覚えましょう。

V字・ダブルボトム(ダブルトップ)・トリプルボトム(トリプルトップ)
ヘッドアンドショルダー

これらをしっかりと覚えた上で、シナリオを構成していくということをすれば、

より精度の高い分析ができるようになります。

 

まとめ

まとめ

・トレンドがどの辺りで終わるのかがチャートの転換期に作った

パターンによって判断できる

・チャートは法則性を持って動くことが多い

・V字・ダブルトップ・ダブルボトム・トリプルトップ(三尊)

トリプルボトム・ヘッド&ショルダーはマストで覚える

 

以上です。

是非、実際のチャートでたくさん、この4つのチャートパターンを

探してみてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました