【FX】ドル円 鉄板売りエントリーポイント解説!!

記事

こんにちは!

本日はドル円の売りの鉄板エントリーポイント解説です。

実際にエントリーされて勝たれた会員さんの添削になります。

鉄板の売りの形となります。

ぜひ、参考にされてご自身のトレードに活かしていってくださいね。

 

 

UAD/JPY 8/17 16:30~25:10

【根拠】

・H4、H1で上昇していた

・トレンドライン上での優位性を確認

・H1で下落を確認

・トレンドラインを抜けてきたことを確認

・安値も抜けた

・FR61.8で3回叩かれていたのを確認してエントリー

・161.8にT/Pを置いた

 

このようなシナリオでした。

 

それでは、時間足ごとに見ていきましょう。

 

H4

H4で上昇を確認しました。

 

H1

H1でトレンドラインの上にずっと

ロウソク足がいますね。

そこを抜けてきた局面ということを確認。

 

M15

長期のトレンドラインを割ってきて

3回ここの点の部分で叩かれています

そこを確認してからのエントリーです。

 

トレンドラインの上にあるときは目線は買い

具体的に見ていきましょう。

 

トレンドラインの上にずっとロウソク足がありますね。

そういうときは、目線は「買い」です。

 

チャートを見てみると、7/30くらいからチャートはずっと上昇しています。

そこから2~3週間後くらいに、底を作ったこのトレンドラインから

抜けてきました。

赤枠の部分でずっと支えられてきていますよね。

それが、赤枠の矢印部分でついに抜けています

この事実が一つ大きいです。

それを確認した上でフィボナッチをM15にあてます

 

M15

 

このフィボナッチリトレースメントをあてるとき、

しっかりとネックラインが

23.6または38.2にあたっていることが大事です。

今回、ちゃんとあたっていますね。

 

そして、戻してきた61.8で3回叩かれています

3回叩かれるということは、上に行く力が弱くなってきている

ということなんですね。

そして、

安値もしっかり切り下げていますね。

 

さらに、

移動平均線

これまで上昇していたのが、徐々に

下を向き始めていますね。

 

これは、

上昇してきた流れが下に変わっていくんじゃないか

と考えることができます。

そしてここでエントリーです。

利確ポイントは161.8です。

損切りは23.6に置きます。

 

 

リスク:リワード=1:2.5

のトレードなので、

勝率40%でも利益はしっかり出るトレードですね。

 

 

長期足でしっかり見ること

やはり、H1で流れをしっかり把握していたことが

一番大事なポイントと言えます。

今回の場合、

頂点で叩かれて、3回叩かれてから

トレンドラインを割ってきています。

ここを確認したことで

そろそろ上昇が終わっていく、売りに入っていくことが

シナリオとして考えられる、優位性のあるポイントです。

 

 

これで、上に行ってしまうということも

あります。

ありますが、

自分のルール通りに入ったということが一番大事です。

ブレないということが大事なのです。

それが期待値に繋がっていくからです。

 

 

そして、最初の画像にあったように、

事前にしっかりと考えてエントリーしていますよね。

しっかりと自分の考えを言語化出来ているということが

大事です。

 

 

 

まとめ

長期足でしっかりと環境認識すること

・安値を切り下げた→売りに対する優位性

・自分のルール通りに入っていくことが大事

言語化できているということは考えている証拠

相場に100%はない

・一貫性のあるトレードが大事

 

 

皆さんも

事前にシナリオをしっかり考えて

それを言語化し、トレードの経験を積みましょう。

とても成長に繋がります。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました