【FX】下げ局面での正しいエントリー方法!

記事

こんにちは!

今回は、会員さんの、EUR/JPYでの売りの実際のエントリー添削になります。

ぜひ参考にされてみてください。

 

それでは解説して行きます。

 

 

 

9/18 EUR/JPY ショート

上記は会員さんの今回の添削の根拠となります。

まず、このようにシナリオを事前にしっかりと考え

それを言語化できているということが

とても大事です。

 

それでは具体的に見ていきたいと思います。

 

日足

環境認識をしていきましょう。

日足では、

大きく上がって下げて上がって安値をちょっと割ってきている

という状況です。

全体に対してはまだ上に対しての力があります

 

H4

H4ではトレンドラインを割ってきています

これが根拠となり、フィボナッチも引いています。

23.6まで戻していて現在3波目というところです。

 

 

H1

 

H1では、直近で意識されているラインも抜いてきて

移動平均線も全部下向きです。

安値も更新している状況ですね。

このように、H1、H4でしっかりと下に対しての優位性を確認しています

 

 

M15

H1の3波中のM15の3波です。

画面①のところにFR100 を合わせて、

②が2波です。フィボナッチを引いていきます。

 

M5

M5で61.8でエントリーです。

 

利確を入れた161.8付近でもみあっていますね。

多くの人がここをターゲットラインとしたからそうなります。

つまり、FRの引き方が合っているからですね。

 

しっかりと下の流れに沿ったいいエントリーが出来ています。

  

 

まとめ

やはり大事なことは

大きな流れに逆らわないということです。

M15で入るならH1レベルの大きな波には逆らわないことです。

 

是非参考にされてみてください。

 

まとめ

・トレンドラインをブレイクしている

・水平ラインをブレイクしている

・下に対しての優位性を確認

・大きな流れに逆らわない

・M15で入るならH1レベルの大きな波に逆らわない

・正しくフィボナッチを引く

 

 

以上、最後までお読みいただき

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました