【FX】正しいトレード戦略について~勝てるシナリオの立て方~

記事

FXでトレードする際に大切なことはきちんとシナリオを立てているということです。

なんとなくでトレードしていても、利益は全然出ません

しっかりと戦略を立てましょう!

今回はその、戦略の立て方について見ていきたいと思います。

 

 

トレード戦略の立て方

まずシナリオを立てるのに、以下の3つについて考えます。

①エリオット波動のカウント
②シナリオの想定

③トレード戦略の立案・実行

 

それでは、上記の画像の問題です。

  この先どのようなシナリオが考えられるのか考えてみましょう

ここで、ちゃんと自分で一度イメージすることが大事です。

なので、考えてみてくださいね。

 

 

パターン1

このチャートはH1ですが、H4での大きな1波とみなし、

1波、2波、3波で大きく上昇していくところと考えるシナリオです。

 

パターン2

こちらも、大きくH4での1波とみなしたときに、

2波がフラットのような横這いになると考えるシナリオです。

 

パターン3

こちらはあまりない形ではありますが、

このままトライアングルの形になっていき、

そのあとラインを上抜いて上昇していくと考えるシナリオです。

  

パターン4

4つ目は、このまま下落していってしまうと

考えるシナリオです。

もちろんこちらもあり得ますね。

  

パターン5

こちらは、一度上昇するも下降し、

そこから再度上昇していくと考える、

2波が深いパターンのシナリオです。

 

このように言い出すときりがないのですが、

ここで+αで有効な見方がチャネルになります。

  

チャネルライン

まず、こちらのチャートに0-2チャネルを引きます。

そうすると以下のようになります。

 

このチャネルを引くことで、おそらくこのラインの間をいったりきたりすることが

予測できます。

そして、そのラインを割ってきたらもうこのチャネルは使えなくなります

チャネルを一緒に引くことで戦略も立てやすくなる

上のように、エリオット波動の3波ターゲット付近

チャネルラインの重なった所はより有効だなと

シナリオを立てることができます。

なので、チャネルとフィボナッチはセットで使うと便利です。

まとめ

このように、

まず戦略として

エリオット波動のカウントができること

が大事です。

次に、シナリオの想定として、

チャネル・フィボナッチを引くこと

それを踏まえて、

トレードの戦略を立てます。

どこで入ってどこで出るのか戦略を立てる

このように、自分の頭の中で常にこの先どうなるのかな

意識して考えてチャートと向き合っていってくださいね。

 

 

まとめ

①エリオット波動のカウント

②チャネルライン・フィボナッチを引いて

 どのようなシナリオになるか想定する

③①②を踏まえてどこでエントリーをして

 どこで利確損切するのか考える

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました