【FX】正しい売りエントリーの仕方!具体的に教えます

記事

こんにちは。今回は、FXの売りエントリーについて、常々意識していることについて解説していきたいと思います。

株の場合は、買って利益を得るというのが一般的で、空売りを出来る銘柄もありますが、信用取引になりますので少しリスクはあります。

株は基本買い目線ですが、FXの場合は、売り買いができます。

その売りのエントリーの仕方について、今回は解説していきます。

 

 

売りエントリーのポイント

売りのエントリーで大事なことは3つあります。順番に見ていきましょう。

 

フィボナッチを当てて5波付近か確認

ドル円で見ていきましょう。まず日足です。

このチャート部分にフィボナッチとエクスパンションを引きました。

そうすると、以下のようにカウントできます。

 

勢いが強い波形のため、5波が本来のエクスパンションを上抜いています。

H1で見ていきましょう。

 

161.8で跳ね返っています。

 

M15で見ていきましょう。

M15で見ると分かりやすく、161.8が3波で跳ね返っています。
また、5波で3回叩かれて跳ね返っています。

 

高値・安値の確認をする

ポイントの2つ目は、高値安値を確認するということになります。

これは、ダウ理論です。

 

このように、高値と安値が下げていることを2つ目に確認しましょう。

次に3つ目のポイントです。

 

トレンドライン・チャネルラインを引いて意識されているラインを割ってきたら売り目線でエントリーポイントを探す

トレンドラインを引きます。

高値にトレンドラインを引きました。

 

そこに対して安値にトレンドラインを引きました。
そうすると、持ち合いになっているのが分かります。

 

見ていくと、若干高値が切り下げています

そして、このラインを抜けたところで、一度打診売りをしました。

 

さらに見ていくと、

安値も高値も切り下げていきます。

 

さらに、意識されている水平線も切り下げて、そこからまた上がってきているポイントです。

 

そうなると、売り目線です。

ここにトレンドラインを引いて見ると、

このラインに当たったところで売っていくのもアリですね。

その場合、フィボナッチを引いていくと、

利益確定は161.8で

損切りは23.6辺りです。
リスク:リワード=1:3となります。

 

売りエントリーは、以上のような形で3つのポイントをいつも意識しています。

 

リスクリワードは必ず決めておく

これら3つのポイントを踏まえた上で、次に大事なことは、
リスクリワードは必ず決めておくということです。

そうしないと、感情に流されたトレードになってしまいます

例えば、今回のドル円の場合、先ほどのラインにタッチしたところで エントリーしたら、チャネルラインに当たったところまでは下げてくる可能性があります。

 

または、そのまま上に行ってしまう可能性もありますよね。
そうしたら、どこまで行ったら切るのか、決めておくことです。

これがリスクリワードを考えるということで、トレードをする上で非常に大事なポイントになります。

 

今後のドル円

今回の形は、比較的下げていく形ではありますが、今のドル円は、切り下げてくと思っても過去に上げていっているため、またそのようになる可能性もあります。その場合はしょうがないです。

自分の判断が違ったと考えて損切りしていくだけです。

そのように淡々とトレードを積み重ねていきましょう。

 

それでは今回は以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

タイトルとURLをコピーしました