【FX】正しい損切りの仕方教えます!!

記事

こんにちは。今回は、正しい損切りのルールについて解説して行きたいと思います。

損切りの仕方がいまいちわからない、ルールを決めていないといった方は、
ぜひ参考にされてみてください。

 

 

損切りのルール

損切りのルールには3つあります。

①自分の描いているシナリオが崩れたらすぐに損切り
②仮に価格がすぐに転換しても落ち込まない
③ルールを徹底的に守ることで資産を守る

これを頭に置いておいて、ドル円チャートで解説していきたいと思います。

 

ドル円 売りエントリー

以下のドル円日足チャートに、まずフィボナッチとエクスパンションを引きました。

 

フィボナッチを引いたので、波動をカウントしていきます。

 ちょうど161.8になっているところが5波終了です。

この先、一旦調整が入るんじゃないかというシナリオを立てました。

この短期的な売りを取っていこうと思います。

 

ドル円 M15 

エントリーした場所についてです。

M15で、最高値を作って、そこを超えずに下落していっていました。

そこにトレンドラインを引きます

拡大します。

 

エントリーポイント

実際にエントリーした場所です。

安値を大きく切り下げて一旦戻ってきたポイントです。

売りエントリーです。

ここでまた再度フィボナッチを引きます。

利確目標は、このまま下げていく想定での161.8でした。

それに対しての損切りの目標23.6の少し上に設定しています。

 

想定していたシナリオ

以上のようなシナリオのもと、売りのエントリーをしていました。

このように素直に落ちてくれる予定でした。が、

このトレンドラインを超えて一旦上髭をつけました。

そしてその後、落ちて行ったのですが、
前回の安値を切り上げてしまいました。

シナリオ通りじゃないですよね。

そこで、以下のようなラインを引きました。

斜めのラインですね。

ここを見ると、ペナント型になっています。

ここを見ると、この上のラインを超えてしまったら、完全に優位性がなくなり、シナリオが崩れてしまうんです。

なので、上のラインを超えたらすぐ損切りしようと思っていました。

 

または、この上のラインで叩かれて下がるんじゃないかとも思っていました。

 

 

±0で損切り

しかし、実際は上がっていってしまいました。

そのため、本来ならば、23.6に損切りラインを入れていましたが、
価格がエントリーポイントと同じ±0になった辺りで損切りしました。

これが、いつも意識している損切りです。

23.6まで待たずに損切りしたのです。

このようなトレードが出来ていれば、損失は限りなく小さく抑えられます。

ここが大事なポイントです。

 

   

今後のシナリオ

現状、やはり5波終わりで支えられています
そのため、下の青の四角部分を抜けてきたら一気に売られるというシナリオで見ていきます。

 

なので、狙っていくとしたら、抜けてから一度戻した3波目を狙うのがいいと思います。

 

上値が重い

理屈として、上値が重いというのがあります。
一度売りで失敗しても、上値が重いので、このラインを超えたら一気に売り優勢になるという
シナリオが立てていました。

このように、一度失敗しても小さく済ませられればまた次のチャンスがやってきます

資金管理のためにもシナリオが崩れたらすぐ損切りというルールを持つこと

感情的にトレードしても何も良いことはありません。
ルールを守れなくて、資産を失っている方がたくさんいるので、自分が決めたルールを守ること。
これを大事にしましょう。

 

まとめ

 

まとめ
・自分の描いているシナリオが崩れたらすぐに損切り
・仮に価格がすぐに転換しても落ち込まない
・ルールを徹底的に守ることで資産を守る

 

それでは今回はここまでになります。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました