【FX 】高勝率手法 これさえ覚えれば勝ち組決定!

FX

こんにちは!
今回は、FXの高勝率手法についてお話していきたいと思います。

まずはエリオット波動をしっかり知ることが大事になってくるので、その説明から始めたいと思います。

 

 

 

エリオット波動

今まで何度も説明してきましたが、エリオット波動というのは、

5波動の推進派と3波動の修正波で動いています。

では、どこで入っていったら良いのかと言うと、
2波と3波の間です。なぜなら、ここが最も利益が延びやすい場所だからです。

それを言葉にすると、3波の副次波の3波が一番延びやすいポイントになります。

  

3波の副次波の3波

3波の副次波の3波というのはどこかというと、例えば4時間足での3波を1時間足で見て、その1時間足の中の3波です。

 上の図の場所です。

エリオット波動はマトリョーシカのように、フラクタル構造になっています。1つの波の中に5波がありますが、それは、小さい足でも同じです。

つまり、4時間足のエリオット波動の中に5波がありますが、その中の3波の部分の中にも5波が隠れています。

その3波の場所を1時間足で見ると、その中にも5波があるので、そのうちの3波を狙うということで、ここが一番延びるポイントです。

 

それでは、実際のチャートで見てみましょう。

 

 

3波の副次波の3波 EUR/USD


EUR/USDで見ていきましょう。

まずは、5波が終わっているか確認します。

フィボナッチを当ててみると、261.8で底をついています。
5波を確認してみます。

 

このようにカウントできました。5波が終わっています。

ここから先、上昇が始まっているので、ここを見ていきましょう。

 

押し目を抜けていることが前提

まず、前提として、前回の押し目を超えてくるような上昇があることが、第1波の条件となります。

それを確認します。

ここを見ると、まず安値を作り、その安値の押し目が上のチャートの部分になります。この押し目を超えてくる上昇があることが1波の条件となります。

逆も見てみましょう。

 

ここもそうです。前回の安値を超えてくる下げがありますよね。これが下降第1波の条件です。

 

そうして見ていくと、今回の部分は、押し目を抜ける上昇があるので、ここを第1波と捉えることが出来ます。

 

そして、3波の特徴は、1波分は延びるという特徴があります。

3波は1波分は延びる

1波と3波が同じくらい延びています。この辺りで休憩することが多いです。

 

エリオット波動3波の確認方法

では、3波はどのように確認するのか、おさらいすると、

①1波がしっかりあるかどうか
②2波で戻して
③1波と同じくらい延びるので同じくらいの値幅を確認
これが3波の条件となります。
4時間足で見たこの間に、1時間足で見るとエリオット波動があります。
ここが、一番価格が延びる確率が高いです。
 
このように、5分足や15分足でエントリーするとしても、今回のように長期足で見たときに期待値が高いと見込めるポイントがあれば、それを下位足で積極的に取っていくというのがすごく良いポイントになります。
 
 

EUR/USD M15

このポイントを15分足で見てみます。

今回は勢いがすごく強いです。

このポイントは勢いが強すぎて、押し目買いをするのは難しいかもしれません。ただ、3波が勢いが強いということは分かると思います。

 

 

まとめ

今回見てきたように、FXで一番どこが取れるのかというと、3波です。

そのためには、まず長期足で3波を見つけ、下位足でその中の3波をまた見つけていくということです。

これをぜひやってみてください。

そのためには、エリオット波動の3波がどこかということをしっかり理解していく必要があります。

見つけられるようになったらそれを実践しましょう。これを覚えるだけでかなり、勝てるパターンが分かってきます。

それでは今回は以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました