これで分かる!!【バイオプ】スイス円エントリーポイントリアル解説!!

記事

今回は、バイナリーオプションでのエントリーポイント解説になります。

実際にCHF/JPYでエントリーしたものです。

ぜひ、バイナリーオプションでエントリーする際、分析する際の参考にしてくださいね!

 

 

 

バイナリーオプション CHF/JPY 12:03~12:10

バイナリーオプションは、期待値がとても大事になってきます。

そのため、勝率が何%なのか月単位で計算することが大事です。

そして、勝率60%あれば、収支はプラスです。

 

下は今回のエントリー履歴です。

 

また、バイナリーは、エントリーの一つ一つがとても大事です。

一瞬の取引のため、一瞬を見極めることも大事です。

その一瞬を間違えると負けてしまうくらいシビアだからですね。

 

CHF/JPY M15

15分足で見ていきます。

下落の勢いが終わって、高値を切り上げています。

そこからレンジ局面になっているポイントでのエントリーです。

 

この時間帯が12時台ですね。

12時・・株式市場のお昼休みで出来高が多くない時間帯

出来高自体もロンドン・NY時間に比べると多くない上に、

お昼休みで、トレンドが強いということはあまりない時間帯です。

トレンドにやられにくい時間帯でもあるということです。

ここは午前の取引の利点ですよね。

 

CHF/JPY M5

次に5分足です。

下落が落ち着いて、高値を切り上げてから戻して、

また上がってそこを落としてきたポイントです。

下のようなライン(ピンク)を引いて、重なるところでエントリーしようと

シナリオを立てていました。

ここは、Mの形になっていますよね。

Mの形は根拠として、よく入っていく形です。

 

 

CHF/JPY  M1

続いて1分足です。

バイナリーオプションは判定が6分とか7分とかなので

1分でもラインを引きます

そして、短期トレードのため、その引き方が大事になってきます。

 

 

1本ラインを引く

上記のように、トレンドラインを引けます

そうすると、ちょうどエントリーした部分で跳ね返っていることがわかります。

また、エントリーポイントを過ぎた先でも

しっかり意識されていますよね。

レジサポ転換のラインにもなっています。

 

大きな買いが入ってる

また、ラインが引けた理由として、

このラインを起点に大きな買いも入っています。

 

2回、このMの形になっているラインで大きな買いが入っているということも

根拠として大きいです。

 

角度のついたラインが引ける

次に、もう一か所引けるラインを見てみましょう。

 

上のように、角度をつけている箇所にトレンドラインをまず引きます。

次に、そのトレンドラインをコピーして、下のヒゲの出ている部分に合わせて

さらに引いていきます。

 

このような感じです。

 

よく見ると、トリプルトップが出来ていますね。

 

このトリプルトップを抜けてきたら、

どこで止まるのか考えると

このチャネルラインと最初に引いた斜めのラインの交差したところ

優位性がある

と言うシナリオを立てました。

 

 

実際に入った箇所はこちらです。

 

 

 12:03~12:10 逆張りハイエントリー

 

 

バイナリーオプションで大切なこと

いかがでしたでしょうか?

 

このようなエントリーを1日1回でもすれば、

1万円bet で月20エントリーすれば

1万円betでも月10万円くらいは稼げます

 

それでも、負ける時は負けます

だからこそ、

勝率や期待値をしっかり計算しながらやりましょう

そして負けたらもうそれはしょうがないと思って割り切りましょう!

 

そこで熱くなってしまったらナンピンとかして

結果、投資の世界から退場してしまう人がとても多いです

バイナリーオプションの場合は常に期待値を追う!!
 
これがとっても大事です!!
 
 
 
 

まとめ

・バイナリーオプションは超短期取引なので

 下位足のラインが大事

・トレンドラインとチャネルラインが重なった所は根拠として強い

・バイナリーオプションは期待値を追う

・負けることもあるからこそ

 優位性の高いところでのみエントリーする

 

 

以上です。

是非参考にしてトレードしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました