まずはここから知ろう!エリオット波動の基本!

記事

こんにちは!

 

本日は、

エリオット波動の基本について、

お話していきたいと思います。
 

FXをする上でとても重要になってくる基礎の部分ですので

しっかり覚えていきましょう!

 

 

エリオット波動の基本波形

エリオット波動の基本は

 

5波動(図の①-②-③-④-⑤)の推進派

3波動(A-B-C)の修正波で形成されている。

 

それぞれのポイントで出てくるチャートの波形があります。

 

推進派

・インパルス

・ダイアゴナル

 

修正波

・ジグザグ

・フラット

・トライアングル

これが基本の波の形となります。

 

 

では、推進派、修正波とは何なのか、

具体的に見ていきたいと思います。

 

推進派と修正波

 

 

推進波

=その方向に向かっていく波 のこと。

 

修正波

=推進波に対して戻すところ

 

下降の修正波というのは、

図のⒷのように、下降してきて戻すところのことを言う。

 

上昇の修正波というのは、

図の②④上昇していって、戻すところのこと。

 

 

波の数え方として、

上昇の推進派は1-2-3-4-5と言い、

下降の修正波はA-B-Cと言う。

 

 

相場はこのサイクルを繰り返していて、「ダウ理論」にも通じます

 

 

エリオット波動はフラクタル構造

 

上の右の図が1時間足だとします。

 

1時間足の1波の中に、

さらに1-2-3-4-5の5波動がありますね。

 

これをフラクタル構造といい、

エリオット波動はフラクタル構造です。

 

 

例として

以下の図を見ると、

 

1波の中に小さな5波があるのが

わかりますか?

 

このように、

 

上位足の動きを見て、下位足をみながら

トレードしていくことがFXではとても大事です!!

長期足から見ることがポイント

です。

 

 

しかしながら、これらは絶対ではありません

そのまま大きく下落が続いていくこともあります。

 

大事なことは、

基本的な見方として、こういうポイントがそろっている

ところは優位性がある

ということで、覚えていくことです。

 

 

まとめ

 

①エリオット波動はフラクタル構造

②ロシアのマトリョーシカのようなイメージ

③エリオット波動の中にエリオット波動があるような動き

④1-2-3-4-5、A-B-C で動きやすい

 

以上、今回の部分は基礎となります。

今後、具体的な

エリオット波動のチャートパターンを

上げていきたいと思います。

 

まずはしっかり基礎を

覚えていきましょう!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました