アメリカ大統領選挙後のドル円!!実際のエントリーポイント解説!!

記事

こんにちは!

いよいよアメリカ大統領選挙が始まり、そして

決着が着いた、、ようですね。

本日は、そのアメリカ大統領選挙後にドル円がどのように動いたのか

そしてどのような局面で先生はエントリーしたのか、

実際のエントリーポイント解説をしていきます。

是非参考にされてみてくださいね。

 

 

USD/JPY 日足

 

日足から見ていきます。

大統領選挙の影響で円安傾向となっています。

1本チャネルラインが引けますね。(オレンジの線)

 

次に4時間足を見ていきます。

 

H4 チャネルライン

H4では、このようにチャネルラインを引きました。

この、チャネルの当たっている黄色のBOX辺りまで

戻してくるというシナリオです。

 

H1

大統領選挙の影響により、

およそ2.4円の上昇がありました。

 

それまでは下落局面が続いていましたが

バイデンが勝ったことによってこのように急騰しました。

 

それでは早速、実際のエントリーポイントについて

みていきましょう。

 

 

リアルエントリーポイント解説

エントリーした箇所は上記の〇で囲った部分になります。

 

それでは、根拠を見ていきたいと思います。

 

まず、相場環境として、

これまでずっと下がってきていました

赤のラインがそうですね。

それが、一気に急騰しました。これが選挙の影響ですね。

それに伴い、移動平均線も一気に上昇しています。

 

長期足を見てみると、

H4で見てみても、

長期の移動平均線(緑の線)の上にロウソクが来ていますね。

それまでは、移動平均線の下にロウソク足がありますよね。

それが、上に変わっています。

流れが一気に変わってきているということです。

  

M15をみてみましょう。

移動平均線が全て同じ方向を向いている、パーフェクトオーダー

築いていますね。

しかし、赤四角で囲った部分は勢いが強く

ここでエリオット波動は確認はしずらい形です。

 

では、どこで入っていったかというと、

シナリオはこうです。

 

 

まず、

この上記の黄色ラインの部分を

修正波と捉えました。

そうすると、

上がってから戻します

そしてそのあとまた大きく上昇していくというシナリオ

立てました。

 

そして実際エントリーしていった箇所は以下になります。

上昇の第1波を捉え、2波、

FR61.8でエントリーしました。

利確ポイントは161.8

損切りラインは23.6に置きました。

そうすると、

リスクリワードの割合は1:2.5以上となるんですね。

 

この黄色がリスク、ピンクの部分がリワードになります。

リスク部分が11pips、

リワードが35pipsなので、

やはり1:2.5以上のエントリーになります。

 

これで、スプレッド含めても勝率が50%以上あれば

収支はプラスになるといったトレードになります。

 

今回M15でのエントリーで、

結構早く、2~3時間くらいで利確されました。

 

やはり長期足全体の流れを見て、

全体のチャネルを見ていっても

上まで延びるのであれば黄色の付近と言うシナリオでした。

これからもしばらくは上げていきそうですね。

 

また、M15ですが、

こちらのチャネルラインが引けました。

この先のシナリオとして、この間を行ったり来たりするんじゃないか

いうシナリオを立てています。 

もうしばらく見ていると、上げていくのかなと思ったり

どうかなと思ったりしながら相場を見ている感じです。

 

まとめ

大事なことは、

長期足の値動きを確認すること

そして、

 

大きな流れに沿って

下位足でエントリーしていくこと

 

これを常に意識しています。

 

 

まとめ

・アメリカ大統領選挙の影響でドル円円高

・下落局面だったのが一気に急騰

・長期の移動平均線の上にロウソク足が来ている状況

・まずは長期足の値動きを確認する

大きな流れに沿って下位足でエントリーしていく

 

ぜひ参考にされてみてくださいね!

それでは

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました