エリオット波動 インパルスの波が延長する3つの形

FX

こんにちは!

 

今回は、インパルスについてより詳しく

見ていきたいと思います。

 

 

エリオット波動の基本

まず、エリオット波動のおさらいです。

 

エリオット波動は基本的に

5波動構成の推進派

3波動構成の修正波

からできています。

 

推進波インパルス・ダイアゴナル

修正波ジグザグ・フラット・トライアングル

 

これが基本です。

 

この中の、大きく延びるインパルスが延長する3つの形について

今回は見ていきたいと思います。

 

インパルス

 

インパルスについてはこちらでより詳しく説明しています(→

 

上記の中にある、

3波が1番小さくなることはない についてですが、

そういう風に実際は見えることもあります。

4波は1波に重ならないですが、重なるのはダイアゴナル(→)になります。

 

このインパルスを深堀ると

インパルスの中でも色々な形があります。

 

今回はその3つのパターンについて見ていきたいと思います。

 

1波が延長するパターン

 

1波が一番大きくなるというのは

一番可能性としては低くあまりありません。

 

この場合、どんどん波が小さくなります。

もし、1波が大きくなった場合、もしかしたら3波、5波は小さくなるんじゃないか

というシナリオを立てることが出来ます。

 

インパルスというのは、

必ずどこかが延びるんですね。

 

3波が延長するパターン

最も多いパターンです。

 

そして、

3波が延長した場合、

1波と5波が同じくらいの大きさになるかもしれない

シナリオを立てることが出来ます。

そのため、5波が延びた場合、

どのあたりがメドになるかというシナリオを

立てることも出来ます。

3波の3波が延びやすい

副次波というのは下位足という意味なんですね。

 

これは、

例えばH1で見たときのM15での3波

ということです。

 

この、3波中の3波というのは比較的大きく延びやすく

とりやすいので、

ここでしっかりフィボナッチを引いて、移動平均線の上向きを

確認してからエントリーしましょう。

下落局面でも同じことが言えます。

 

 

5波が延長するパターン

1波と3波が同じくらいの大きさの場合

5波が延長するかもしれない、というシナリオを立てることが

出来ます。

 

5波は3波の次に延長する可能性があります

 

5波が3波の高値を超えきれない

 

また、5波が3波を超えきれず、叩かれて落ちていく

このような時もあります。

 

ここから考えられるシナリオは、

この先5波がグッと延びるかもしれないけれど

このまま下落していくシナリオも考えられます

 

 

以上が、インパルスの波が延びる3つのパターンでした。

 

 

このような情報をインプットした上で

実際のチャートを見て行動に落としていくことが

最も大事となります。

 

 

まとめ

・インパルスは必ずどこかが延びる

・1波は3波5波に比べると1番延長することは少ない

・3波が一番延長する可能性が高い

・3波中の3波は大きな波になりやすい

・5波は3波の次に大きく延びる可能性がある

・5波と思いながらも3波の高値を超えられないこともある

 

 

以上、

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました