エリオット波動3波を上手に取る2つの方法

記事

こんにちは!
本日は、エリオット波動の3波を上手に取る方法ということで、2つのポイントをお伝えしていきたいと思います。
この2点を意識していけば、エリオット波動3波を取っていくことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

大きな押し戻りまで待つ

大きな押し戻りまで待つというのはどのようなことなのか、ドル円で見ていきましょう。

大きな押し戻りというのは、上のチャートを見てわかるように、
しっかりと前回の安値を切り下げている部分のことを言います。つまり、

前回作った押し目を抜いてきているかどうか

 

もう少し具体的に説明します。

高値があります。そして、その高値を作った押し目がありますね。
押し安値です。その押し目を抜いてきているかどうか、ここがとても大事な点で、ここが1波にもなるんですね。ここが大きな押し戻りです。


フィボナッチを引く

押し戻りがわかったら、そこにフィボナッチを当てます。
そうすると、だいたい戻してきます。

 

 

ここを5分足で見ていきましょう。

 

M5で先ほどの箇所を見ていくとこのようになっていて、161.8どころか、261.8まで下落していることが分かります。

とても強い3波だったことが分かりますね。

 

次に、3波を取る2つ目のポイントについて見ていきましょう。

 

 

綺麗に修正波を作っているか確認する

ポイントの2つ目、綺麗に修正波を作っているか確認するというのは、2波をしっかりと見極めるということです。

この2波が、綺麗な修正波になっていることが大事で、もしうようよしている綺麗な形ではない2波の場合は、エントリーを控えます。

しっかりと2波を捉えるためにはエリオット波動の基礎が大事

そしてそのためには前回の5波を確認しておくことも大事です。

 

5波を確認する

たとえばここを見てみましょう。

まずフィボナッチを引いて、効いているか確認します。

これをカウントしていきます。

 

このように5波を確認でき、その先の修正波A-B-Cもカウントできました。きれいな修正波になっていますね。

 

このように、まずエリオット波動をカウントした上で、

・大きな押し戻りまで待つ
・綺麗に修正波を作っているか確認する

これをしっかり意識しましょう。
その時に、ダウ理論的にしっかりと高値を切り下げ安値も切り下げ、戻したところで入っていくというのが理想のポイントになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回のことが分かってくると、優位性のあるポイントがどこか、なんとなく分かってきます。

ぜひ3波を取る時に、今回の2つのポイントを意識してみてください!

それでは今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

3波を上手にとるには

・大きな押し戻りまで待つ
・綺麗に修正波を作っているか確認する

タイトルとURLをコピーしました