勝率を高く保つ方法について

記事

こんにちは。今回は、勝率を高く保つ方法についてお話していきたいと思います。これは坂本先生がいつも意識していることで、これを意識すれば、勝率を高く保てる方法となります。
ぜひ、参考にされてください!

 

 

 

FXで勝率を高く保つ方法

長期足の動きに逆らわない

FXで勝率を高く保つ方法というのは、長期足の動きに逆らわないこと、これだけです。これで、かなり高い勝率を保つことが出来ると思います。

それを把握するためには、4時間足で今どの方向を向いているのかを、トレンドラインとチャネルラインを引いて確認していきます。

 

ドル円で見ていきましょう。

 

ドル円 H4

大事なことは、H4でどの方向を向いているのかです。これを、トレンドラインとチャネルラインで見ていきたいと思います。

トレンドライン・チャネルラインを引く

上のチャートのように引いてみると、高値を切り下げてはいますが、黄色のチャネルラインでは高値を切り上げています。現在高値を少し切り上げている状況ですので、

方向感としては上になります。

 

この、長期足の動きに逆らうと、勝率は落ちます
しかし、じゃあどこでも入っていいかというとそういうわけではありません。

 

ドル円 H1

H1で見ていくと、チャートの矢印部分にトレンドラインを引くことが出来ます。

もう1本、チャネルラインを引けます。

そして、基本的にはこの間でロウソク足は動いていき、この間を動く限りはトレンドは続きます

この間にある限り、相場は上目線です。

さらにここは、4回タッチしています。

4回もタッチしているということは、ここはキーポイントになります。もしこの先、このラインを下抜けてしまったら、もうエントリーは控えましょう。

逆に、このまま上に行ったらどこを目指すのかというと、やはりこの黄色のラインです。

では、さらに下位足を見ていきましょう。

 

ドル円 M15

ここまで、H4もH1も上目線でした。

しかし、M15を見ると、下目線です。

トレンドラインを引いて見ると、

ここまで見てきて、長期足では上目線、下位足で下目線です。

ではここで、売りで入っていくというのはおかしいんですね。

かといって、ここで買いで入るのもおかしいです。

 

全ての足が揃った時

では、どうしたら良いのかというと、
現在、H4とH1で上昇方向で、M15は下目線ですね。このM15が上目線になった時がチャンスです。

その時にリスクリワードも考えて入りましょう。

それでは、今回のパターンでは、どうなったら入っていいのか、具体的に見ていきたいと思います。

 

エントリータイミング

今回の場合、下位足の流れが上位足と違います。

そのため、上位足と同じ方向感になった時優位性が出てくるとお話しました。

ではどこで入ると良いのかというと、

この上のラインを抜けた時です。抜けて、サポートラインに変わった時がタイミングです。

現在の時点で4回タッチされています。というと、次に抜けてくる可能性があります。

ここを抜けて、サポートラインになった時が、流れが変わり、上への優位性が高くなったと考えられますので、戦略としてはいいと思います。

ここをH1で見てみると、

現在3波に入るところですね。

とはいえ、下に下がってしまうことも十分考えられるわけです。ですので、ここでエントリーはまだできません。

ここでも、エントリーする場合というのは、しっかりとラインを上抜けてからサポートに変わったことを確認してからエントリーしましょう。

そうすれば、損切りの位置も少なくて済み、リスクリワードの良いエントリーができます。

H4・H1・M15の方向感を合わせる

これを意識して、小さな損、大きな利益を積み重ねることで長期的なプラスのトレードが出来ると思います。

ぜひ、参考にしてもらえればいいなと思います。

それでは、今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました