地(土)の時代から風の時代へ

記事

2020年12月22日で、200年ぶり時代が地(土)の時代から風の時代へ変わったということが、最近話題になっていました。

そこで今回は、地(土)の時代と風の時代、
二つの時代の違いについて解説して行こうと思います。

 

 

 

地(土)や風の時代とは?

 

2020年12月22日、何が起こったかというと、

木星と土星が20年に一度大接近するというグレートコンジャンクションが起こった

この、グレートコンジャンクションが、これまでの約200年間は、地(土)の星座で
起こっていました。

地(土)の星座:牡牛座・乙女座・山羊座


それが、2020年12月22日に、水瓶座という風の星座でグレートコンジャンクションが起こったんですね。
これをもってして、時代が地の時代から風の時代へと変わったことになります

これからの約200年間は、このグレートコンジャンクションは風の星座で起こります。

 

風の星座:双子座・天秤座・水瓶座

 

地(土)の時代

地の特徴:安定感・基盤・物質・経済・現実・ルール

約200年前、地の時代は、産業革命から始まりました
経済活動が盛んになり、物質が大事、所有することが大事、名誉や地位が大事、稼ぐことが大事、
そのように、モノや形があるもの、目に見えるモノが大事とされる、

所有することが大事で求めた時代

でした。

大量生産し、大量消費する。これが当たり前の時代。
 
ついこの間までそういう時代だったのです。
私たち人間の価値を計るものが、地位や名誉、ステータス、マイホーム・車・お金持ちかどうか??
口には出さなくても、そういう価値基準で人や社会を計っている、そんな時代でした。

そんな時代が、2020年12月22日から風の時代へと変わりました。

 

 

風の時代

風の特徴:知性・情報・オンライン・博愛・平等・人との関わり・個人・IT産業
 

これまでの地の時代で大事だったのは、「所有」でした。
しかし、風の時代に大事なのは、

目に見えないもの・形のないもの・情報・人との繋がり

このようなものになってきます。

形あるものや、何かを持っている、所有しているということが大事な時代ではなく、
見えないけれどあるもの、が大事なことになってきます。

オンラインでの人とのつながりや形があるわけではないけれど「情報」というもの。
知識や知性。モノではないけれど、ありますよね。

知ることが大事になってくるということです。
何かを知るためには、人との繋がりが必要です。それはオンラインでもいいのです。
つまりそういう時代になるということなんです。

 

地(土)と風の時代の違い

地の時代の価値観➡形あるものが大事
風の時代の価値観➡目に見えないものこそ大事

 

このように、時代が変化することにより世の中の価値観が大きく変わると言われていて、
実際、歴史がそのように変わっていっていたことを踏まえると、
やはり風の時代には目に見えないものが大事という価値観へ大きく変化していくように感じます。

 

200年ぶりに時代が変化した

時代が変化することによって、社会構造も変化するようになります。

奇しくも、そんな変化が起こると予定されていた2020年には、
誰も想像しえなかった時代の変化となりました。
コロナウィルスですね。

コロナウィルスによって、世界中の人の生活があっという間に変わってしまいました。
これまでの当たり前がなくなり、仕事も会議も飲み会も、結婚式までオンラインという
New Normalが生まれましたよね。

でもこの流れというのは、まさに風っぽさでもあるんです。
まさに風の時代の特徴なんですね。

これからは、ますますそのような生活が当たり前になってくることが予測できます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
2020年12月22日、地球規模の巨大シフトが起きました。

200年ぶりに、目に見えない、形のないものを大切にする時代に変化してきています。
大事なことは、この変化を柔軟に受け入れることだと思っています。

風の時代はまだまだ始まったばかりですけれども、コロナウィルスを機に
働き方や人との関わりが大きく、これからは何が必要になってくるのか、何が自分には足りないのか
こういうことを、時間があるときに考えていただければと思います。

時代が変わるので、この先も、価値観や常識がガラッと変わってくると思います。

自分はこれから何がしたいのか、何が必要なのか、こういうことを
風の時代の特徴に合わせて考えて、先取りしてこれからの行動に移してもらえたらなと
思います。

 

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました