実際のエントリーポイント解説!!【EUR/JPY】

記事

こんにちは!

今回は、FXで実際にエントリーされた会員さんの添削をしたいと

思います!

ぜひ参考にされてみてくださいね。

 

EUR/JPY 17:13~20:20(日本時間)

それでは見ていきましょう。

 まず上位足から見ていきます。

 

4時間足

H4では上昇していますね。

 

1時間足

 

15分足

 

5分足

実際にエントリーした箇所が、上のチャートの

黄色のラインの部分です。

今回は負けエントリーになります。

 

それではエリオット波動の形から見ていきます。

 

エリオット波動の確認

まず、M15でエントリーする場合、上位足の環境認識がすごく大事になります。

この場合の上位足とは、1時間足ですね。

ここから分析をしていくことが大事です。

まず、第一波(赤ラインの1)は、前回の高値をしっかり切り上げています。

修正のA-B-Cが終わってから

第1波になっていますね。

2波、FRの50で跳ね返っています。

そこから第3波161.8で跳ね返っていますね。

 

3波が一番延びていて1波と5波が同じくらいの値幅になっています。

次に、

Aの部分①がエリオット波動の4波②を下回っていますね。

4より下がっているということは、

もしかしたら下落の第1波もしくは修正波のA波かもしれない

というシナリオを考えることができます。

上がってきたからもしかしたら落ちていくかもしれない

 というシナリオですね。

 

ここで大事なのは、図のBが5波の高値を超えきれない

ということです。

前回の高値で叩いて実際は落としていっていますよね。

 

実際のエントリーポイント

では実際はどこで入ったのでしょうか。

M15で見ていきます。

 

まず、この方はこの黄色のジグザグのラインの矢印のように

反発するというシナリオでした。

H1で見たときの第1波が黄色のラインの①になります。

H1でみたときの第2波が黄色の②になります。

 

そして、

M15でエントリーする時はもう一つ小さい視点で見る必要があります。

つまり、

黄色の①の中に5波があり、

黄色の②の中にも5波があります。

そう見ていくと、

黄色の③がH1の3波で、その中の3波を取るわけなのですが、

2波が(赤の②)高値を切り下げていますね。

なので、本来ならりに優位性のあるポイントだったということです。

そこを今回は買っていき、損切にあったポイントとなります。

 

大事なのはフィボナッチの引き方

なんです。

今回はその引き方が大きかったんですね。

H1で見ると、上のようにカウントできます。

M15で見ていくのであれば

このように引いていきます。

 

相場はマトリョーシカのようになっているとお話しましたよね。

フラクタル構造ですね。

小さな構造が同じ形の大きな構造を作り出している。

このことを意識するともう少し精度を上げたトレードが出来ていくんじゃないかと思います。

 

 

 

まとめ

・M5やM15でエントリーする時に上位足の環境認識が大事

・M15で見ていくときは

 H1よりもう一個小さい視点で見ていく必要がある

 相場はマトリョーシカ

・大事なのはフィボナッチの引き方

 

 

以上、

ぜひ参考にされて、ご自身のトレードに

活かして行ってくださいね。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました