必見!!【正しいチャネルラインの引き方!!】1-3チャネルで4波を確認

記事

今回はチャネルラインの続き、1-3チャネルについてみていきたいと

思います。

0-2チャネルについてはこちら

1-3チャネルは4波が4波であるかを確認するためのラインです。

それでは引き方を見ていきましょう!

 

  

 

0-2チャネルラインの引き方

まずは0-2チャネルのおさらいです。

 

0-2チャネルは、上の図にあるように

①0波と2波を結ぶラインを引く

②そのラインをコピーして1波に合わせて引く

③②のラインを超えるかどうか

④超えてきたら強い推進派である

これを見ました。

0-2チャネルとは、3波があるかどうかを確認するためのライン

 でしたね。

1-3チャネルの引き方

 

3波が完成したら、次に1-3チャネルを引きます。

①1波と3波を結びます

②①をコピーして2波に合わせます。

以上です。

5波まで延びていくときは1-3チャネルラインを割ってから延びていくことが多い

このように、1-3チャネルを割ってくることで

5波を目指していることが認識できます。

4波はどこまで戻すのか

4波がどこまで戻すのかと言うと、

FR38.2~50くらいまで戻すとされています。

5波取りに行くときはFR50にタッチしたらエントリー

そのため、50を割ってきたらエントリーして

5波を取っていこうというシナリオを立てることも出来ます。

下がって戻したところでエントリーしても良し
5波を作らず下落することもある

このように、5波にはいかずにラインを割って下落することもあります。

 

・0-2チャネルを作る
・3波を作ったらまたラインの引き方を変えていく
 
 
実際のチャートで見ていきましょう。
 
 
 

EUR/USD H1

こちらのチャートを見てください。

まずはフィボナッチを引きます

①前回の高値を超えたところを1波とします。

②図のように、0-2チャネルを引きます。

③②をコピーして3波に合わせます。今回はこの3波が150で終わっています。

  

次に、

1波と3波を結ぶラインを引きます。

④をコピーして2波に合わせます。(1-3チャネル)

 

⑥改めてフィボナッチを引きます。

 

そうすると、

38.2で戻して上昇して行っています

エクスパンションを引く

エクスパンションも引きます。

そうすると、ラインを割って38.2で戻してから上昇しています

 

1-3ライン:38.2または50付近で戻してから上昇することが多い

 

 

まとめ

1-3チャネルは勢いがあるときに効くラインです。

しかし、そういう風に機能しないこともあります。

ですが、5波をとっていくときにこういった引き方があることを

頭に入れておくと良いです。

もちろん、引く以前に、フィボナッチの引き方をしっかりと理解しておきましょう!

そして、FT4でご自身でたくさん試していきましょう!

 

 

まとめ

・4波が4波であることを確認するライン

・4波の終了はチャネルラインを割ってから終了することが多い

・4波の戻しは3波FR38.2~50付近になりやすい

・5波を取るときはFR50にタッチでエントリー

・4波がチャネルラインを割ることで5波への勢いを認識できる

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました