日本と海外の金融教育の違い

記事

こんにちは!

本日は、

「日本と海外の金融教育の違い」について

お話していきたいと思います。

 

 

まず最初に、

日本、アメリカ、ユーロ圏のエリアの

現預金の割合について見ていきたいと思います。

各国の現預金の割合

上の図を見てみると分かる通り、

 

日本は現金で所有している率が

圧倒的に高いですね。

 

アメリカは13なのに対し、

日本は52%です。

 

また

運用資産にいたっては日本は16%しかないのに対し、

アメリカは運用資産の方が、現金より多いです。

 

投資に対する考え方の違いが如実に出ていますよね。

 

日本人も金融商品を購入してはいますが、

海外の金融商品に比べると

利率があまり良くないものが多いです。

 

例えば、

日本の国債→年利約0.05%

アメリカの国債→年利約2.5%

 

そして、

日本人でも投資信託をやっている方は

いますが、

銀行や営業マンにお勧めされてなんとなくやっている方が多いのでは

ないでしょうか。

 

代表的なものは、

学資保険

ですね。

 

子供も生まれたし、

銀行に預けておくよりもいいと

お勧めされたからやってみようかな。

 

そんな風に言われて始める方が多いのが日本人です。

 

ではなぜ、そうなってしまうのでしょうか。

 

日本では家でも学校でもお金の教育が行われていない

そもそも金融教育とは何か?

・収入を増やす

・支出を減らす

貯まったお金を投資する

 

 

どうやってお金を増やして、どうやって支出を減らすのか

これは税金対策とかもそうですよね。

 

その中で余ったお金をうまく運用して増やしていく

このことを金融教育と呼ぶのですが、

 

こういう教育を受けたことがない人が

日本にはたくさんいると思います。

 

日本では

高度経済成長以降、

 

一生懸命働いて、稼いで、貯金して、

そして家をローンで買うのが人生!

 

それが当たり前の

一般的な価値観が出来たので、

お金に関する教育がされてきませんでした。

  

それどころか、お金って汚いよね

という風潮も

どこかありますよね。

 

しかし、

海外はそうじゃないんですね。

 

海外の金融教育

例として

イギリスとアメリカを見ていきます。 

 

上記のように、

イギリスではなんと

3歳からお金の教育を始めています。

 

お金に関する具体的なワークも交え、

卒業までにはお金に関する社会的な教育を

終わらせるんですね。

 

一方アメリカも、

 

デビットカードを子供に持たせて

親が管理。

  

日本では子供がデビットカードを持ち歩いている

なんて本当にあり得ないですよね。

 

しかし、

海外では、

子供の将来のことを考えて

こういった金融教育を行っているんですね。

生きていく上で

お金のことはダイレクトに関わってくるものなので

これは本当は凄く大事なことですよね。

 

これからの日本

では、

これからの日本はどうなっていくのでしょうか?

 

今、日本は上記のような問題が

山積みですよね。

 

希望も持てない

ネガティブなニュースの多い世の中です。

 

頑張って働いてお給料が増えるかというと

そういう時代でもありませんし

  

そこに期待すること自体が危険ですよね。

 

やっぱり

自分の資産は自分で守ることが必要に

なってきます。

 

私たち日本人は小さいころから

金融教育を受けてはいませんが、

今からでも遅くないと思います。

 

少しづつでも時間を見つけて

片手間でもいいので時間を作って

勉強して知識をつけて、

少しでもいいのでお金を増やせるという成功体験

増やしていけば

そのちょっとの差が数年後

大きな差になり

豊かになると思います。

 

始めるのに遅すぎることはありませんね!

 

それでは今回はここまでで失礼致します。

 

お読みいただき

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました