ビットコインの下落終了!?2025年のビットコインの方向感を考えてみる

投資

ビットコインは2021年11月に1BTC約680万ドルを付けてから、2022年6月現在で1BTCは約200万ドルまで下落しました。約70%の下落です。凄まじい下落です。ビットコインを購入している人は、下落に耐えられずに売ってしまった人もいるのではないでしょうか。

株や為替の世界でもこの短期間に70%の下落はしておりませんので、仮想通貨のボラティリティの高さが顕著に表れているのが現状です。

今後のビットコインの方向感について過去の動きも参考にしながら一緒に考えていきたいと思います。

ビットコインはこれから上昇するのか?

私自身は、これからビットコインは上昇していく可能性は高いと考えています。その理由を詳しく解説していきたいと思っています。

現状でビットコインが下げている大きな要因は、アメリカのインフレ懸念によるリスク資産の売却です。ビットコイン以外では、株価が大きく下落しておりますし、株の下落とビットコインの動きはほぼ連動しているのがわかると思います。

ビットコインがナスダックに影響しているのではなく、ナスダックがビットコインに影響を与えているということを忘れないようにしておきましょう。

株とビットコインの連動性は、ひと昔に比べるとかなり強くなってきています。

なので、ビットコインの価格が上がるのか、下がるのか?という点で未来予測をする際に、アメリカの経済は回復して株価は上昇していくのか?という視点で考えておくことが非常に重要です。

では、アメリカの経済はこれから回復していくのか?私の答えは、YESです。ただし、時間がかかると思っています。2022年の後半は、バイデン大統領が選挙で再選しないといけないので、無理やりにでも株価を上げてくると思いますが、その後は2023年~はまた株価は下落してビットコインの上値も重くなってくると思っております。

目先の値動きでいうと、バイデン大統領の選挙までは株価は上がってビットコインも連動して上昇していく可能性が高いと思われますので、そこでトレードをして利益を狙っていく戦略もOKだと思っています。

過去の同様の下げを経験して大きく回復している

こちらはビットコインの2017年の11月~2018年12月の約1年間にどれだけ下落をしたのか表したチャートになります。約2万ドルから、3000ドルまで下落しています。85%の下落です。凄まじいですね。

この時は、多くの人は「ビットコインは終わった」

言っていました。所詮、仮想通貨は1次的な投機対象で、ブームは終わったと多くの人が言っていました。しかし、そこから皆さんご存知ように、ビットコインは誰も予想できくらいの勢いで上昇していきました。

2018年12月に1BTC3000ドルまで下落しましたが、その後7万ドルまで急騰しています。この時の大きな要因としては、ビットコインの半減期が大きく影響していると言われています。

4年毎に、トランザクションを処理するためにビットコインマイナーに与えられるブロック報酬は半分に削減されます。次の半減期2024年です。

この半減期のタイミングでビットコインは大きく上昇していく傾向があります。

ビットコインは発行上限が2100万BTCと決められており、2019年の時点で既に全体の80%強が発行されています。

4回目の半減期は2024年ごろに行われる予定ですので、約2年後になります。

6.25BTC→3.125BTCにマイニングの報酬が減るので、ビットコインの価格は下がりにくくなります。いままでの傾向として半減期前から期待値により値上がりが始まり、その後長期的に上昇が続く傾向があります。

なので、半減期が発生してから投資をするというよりも、半減期前から上昇を予測して早めに購入しようとする人が多くなり、それが、前回の2133%のという凄まじい上昇をしたのです。

そのように考えてみると、現状の大きな下落というのは、実は仕込んでおくには絶好のチャンスになるかもしれません。仮想通貨自体は、少し前にくらべると認知度は確実に上がってきています。ビットコインを知らないという人を探す方が難しいと思うくらい認知はされています。

現在2万ドル付近で支えられていますので、もしかしたら、更に下がる可能性もありますが下落の余地も限定的だと私は考えています。もし前回の同様に2000%の上昇をするとしたら、

現在1BTC=2万ドルですので、その20倍の40万ドルになります。もしその半分でも20万ドルは上昇するかもしれません。

こちらはビットコインのストックフローモデルというもので、今後のビットコイン予想値を表したものになります。現在予想値の10万ドルに対して、2万ドルとかなり乖離していますが、この通りの数値で今後動くのであれば10万ドルどころか、2026年には100万ドルまで伸びると言われています。

この図で見てみると、2025年~2026年に大きく上昇していく可能性があるということですね。未来どうなるかわかりませんが、この数字を見るとワクワクしていきますね。

まとめ

過去と全く同じ流れで価格が上昇していくかはわかりませんが、以前に比べて認知度はあがり、様々な企業がビットコインを保有して、国でも法定通貨として使われているビットコインの価値はこれから更に上がってきて欲しいと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました