初心者必見 バイナリーオプション エントリーの瞬間大公開

バイナリーオプション

今回はバイナリーオプションで実際にどのように、相場分析をしてエントリーをしていけばいいのか詳しく解説していきたいと思います。

特に初心者の方でこれからバイナリーオプションを始めていきたいと思っている人にとって、どういったポイントが反発しやすいのかがわかる記事になっておりますので是非最後まで見ていってくださいね。

バイナリーオプションで私がトレードしている時間足でのペイアウト率は1.85倍なので、勝率が約55%以上あれば資金は増えていきます。(※資金管理をもっていれば)

基本的に私の手法は、逆張りと言われる手法で、大きく上昇してきたときの反発、大きく下落してきたときの反発を狙ってエントリーをしていきます。

おおよそ、この大きな下落がどこ当たりで止まるか?がわかると自然とエントリーのポイントもわかってきます。

 

それではさっそく解説していきたいと思います。

GBPJPY 15分足

 

まずはエントリー前の相場環境はこんな感じです。

この時点で〇を付けた部分が反発する可能性は、過去の経験上から非常に高いと感じておりました。

理想のエントリーとしては、勢いよく下落してくるシナリオ。その急落が➁の引いているトレンドラインにタッチした瞬間に逆張りでHIGHにエントリーをしていきたいと感じておりました。

それでは➀~⑤の相場分析について解説していきます。

➀トレンドラインを明確に引く

まずとても大切なのが、このトレンドラインの引き方です。

良く水平線を引く人が多くいますが、私は個人的に水平線よりも、このトレンドラインをとても重要視しています。

直近の高値2点の角度をしっかりと合わせてまずは➀トレンドラインを引きます。

➀で引いたトレンドラインを、直近の安値のヒゲ先に合わせて引きます。➁のトレンドラインです。このポイントは図形も入れている通り、過去に大きく下髭を付けて上昇しているポイントになりますので、トレーダーが多く注目をしているポイントだということがわかります。

こういった過去に大きな下髭を付けているポイントは、同じように下落してきたいときに、一気の空ラインを抜けるのではなく、一度反発してから下落を又は上昇していくことが多いので、是非頭の中にいれておきましょう。

そうすることで、まずは根拠の1つとして➁で引いたラインにタッチした時に反発する可能性があるという根拠が1つできました。

このトレンドラインの根拠1つでも十分にエントリーの根拠にはなりますが、今回は更に強力な根拠があります。

それが④の1時間足レベルでのトレンドラインも同様に意識されているということです。

 

④トレンドライン(1時間足)

1時間足レベルで意識されている④のトレンドラインはとても重要です。

過去に2回意識されている、この④のトレンドラインは非常に強力なラインになります。

この④のトレンドラインの上にロウソク足がある時は、上昇局面です。

ロウソク足が下落していきていますが、長期足レベルで見るとまだまだ上目線なのです。

だからこそ、この④のトレンドラインを下に抜けてしまうと、目線が一気に下に向いてしまうので、このトレンドラインにタッチした瞬間はかなり注文が来るので、上がったり、下がったりを繰り返します。

この直近の➀のトレンドラインと④のトレンドラインが重なるポイントが今回のエントリーポイントです。

これは私の中でも結構な鉄板パターンになりますので、是非参考にしてみてください。

実際のエントリー後

実際にエントリー後のチャートになります。

狙ったポイントが綺麗に反発しているのがわかると思います。

動画を見てもらうとわかりますが、実際のこのあたりの値動きはかなり均衡しています。そのまま下に抜けると思いきや、そのまま上昇していきました。

こういったポイントはトレーダー達の思惑が錯綜して、多くの注文が集まりやすくなりますので、今回は結果としてかなり大きく上昇していきました。

まとめ

今回の動画は少し長くなっていますが、かなり大きく上昇していきました。

エントリーのポイント自体はあまり良くないですが、かなり多くのトレーダーが意識しているポイントでしたので結果として勝つことができました。

資金管理としても、総資金の2パーセントを上限にしておりますので、負けてもさほどダメージもないかと思います。

今回はトレンドライン2本をメインにトレードしましたが、このトレードはかなり根拠は強く勝率は約80%くらいあると思います。

直近の高値のトレンドライン、さらに長期足(1時間)のトレンドラインが重なるポイントは、結果的に注文が集まりやすいので反発の可能性が高いので、初心者の方は是非参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました