ビットコイン1000万円達成は時間の問題!?

投資

今回はビットコインが今後どのくらいの期間をかけて1000万円に達するのか調べたので共有させて頂きたいと思います。

数年前よりも、かなり話題になってきてるビットコインですが、最近は更に価格が上昇してきており、直近の高値を更新して青天井の領域まで達してきました。

現在のビットコインの価格

 

現在(2021年10月29日時点)のBTCの価格は約5万9千ドル、日本円で約693万円です。

コロナの影響で世界的な金融緩和の影響で大量のお金が仮想通貨に流れ込み、2021年はビットコインの価格がかなり上昇した年になりました。

また直近ではアメリカで始めてETF(上場投資信託)が承認されたことも、ビットコインの価格上昇に大きな影響を与えました。

このように数年前に比べると、数倍、数百倍とビットコインの価格は上昇してきており、今後1000万円に達するのは時間の問題ではないかと個人的には感じております。

1年前のビットコインの価格

これはちょうど1年前のビットコインの価格になります。

2019年に最高値の約200万円から一気に価格が4分の1くらまで下がりましたが、そこから一気に高値を超えるのか!?というような勢いで伸びている状況です。

この時に、多くの人は、

「こんなに価格が上昇してしまったらもう買えない・・・・・」そう思っていた人が多いのではないでしょうか?

実際にヤフーの記事のコメントを思い出してみても、

「自分は投資に向いていないし・・・・・・」

「高値で掴まされて、機関投資家は高値で売ってくるから養分になる・・・・・」

など、ネガティブなコメントがとても多かったのを覚えております。

ちょうどそのころに作った動画になります。興味のある方は是非ご覧ください!

ちなみに、僕は2017年~2018年に一度BTCやその他の仮想通貨を購入しましたが、すぐに売ってあまり大きな利益を得ることはできませんでした。

しかし、去年の2020年11月頃には全力でビットコインを買いにいきました。ちょうど、先ほどのチャートで過去最高値を更新するかどうか?というようなタイミングです。

なぜ買えたのかというと、自分なりにいろいろと情報を拾って調べて、納得をしたから買いました。誰かがこういったいたから。とか他力本願ではなく、投資は全て自己責任ですから自分がこれは買いだと納得をしたので全力で買いにいきました。

おそらく、動画の冒頭で、

「安い時に買っておけば・・・・」という人は今の価格と安い時の価格を見て、自分でビットコインやその他の仮想通貨、今後の未来など何も調べずにニュースを記事を見てコメントしているんだと思いますし、ほとんどの人がそうだと思います。

そういう人は、いまの価格を見ても恐らく同じことをいうでしょう。

このように、未来から過去を見たらいくらでも言い訳がいえますが、大事なのことは過去ではなく、未来はどうなっているのか?ここをシナリオをしっかりと見据えることができれば、リスクを最低限に抑えて適切な投資ができるのではないでしょうか?

私個人としては、ビットコインはまだまだいまでも買いは遅くないと思っています。

それは1年後とか2年後とかの話ではなく、5年後~10年後を見据えた時にいま投資をしているビットコインはもしかしたら莫大な財産を自分自身に与えてくれる可能性があるんです。

実際に2021年はかなりビットコインの価格が急騰しましたが、その要因を見ていきましょう。

2021年の出来事

 

【2021年2月8日】

・テスラが15億ドル(1600億円)BTCの購入を発表しました。

この時はかなり価格が上昇しましたね。その後、テスラの創業者イーロンマスクがTwitterでビットコインに関してツイートをする度に価格が上下し価格操縦ではないかというような意見を言う方もいました。その後テスラの販売する電気自動車もビットコインで決済ができるようにする。というようなニュースも流れましたが、その後撤回しています。

【2021年6月9日】

・エルサルバドルBTCを法定通貨に

これは1つの国の通過がBTCになる。という凄まじい出来事です。恐らく今後歴史の教科書に載るではないかと個人的に思うくらいのニュースです。日本やアメリカなど円やドルなど自国の基軸通貨がある国では、明日から円やドルが使えなくなる。というようなことはありませんが、急なインフレで昨日は100円で買えていた水が1か月後には1000円になっている。そんなことが、新興国では起きているのが現実です。

また銀行口座を持っていない人も多くいる国では、エルサルバドルのように自国の法定通貨をBTCに移行するか検討している国もあるそうです。

【2021年10月19日】

・アメリカで始めてBTCのETFの承認

カナダではBTCのETFが承認されていましたが、ついにアメリカでも承認されました。証券口座を持っている人は株を買うような感覚でBTCに投資ができるようになってので、今後アメリカ以外の国でも同様のETFが承認

されて、更にBTCの価格を上げる1つの要因になりそうですね。

1000万円はいつ達成するのか?

このSF2モデルを見ていくと、2022年中には1BTCの価格は1000万円に達すると思われます。

実際に過去の半減を見ていくと、

1回目→2回目の半減期で50倍

2回目→3回目の半減期で30倍

と価格が上昇しています。

去年2020年は3回目の半減期を迎えて実際に価格は現在も上昇しています。

そして、4回目の半減期は2024年です。いまから約3年後です。

価格がどのように動くかは誰もわかりませんが、過去の傾向、そして今の自分の流れを考えていくと上昇していく可能性はとても高いのではないでしょうか?

まとめ

数年前にくらべて、確実にビットコインの認知度は高まってきており、1000万円に達するのは2022年ごろではないでしょうか。

遅かれ早かれ、1000万円は達成して、今後1億円という未来も見えてくるのではないでしょうか。

これからの未来は更に貧富の差、格差社会になるといわれています。

資本主義である以上格差が生じるのはしかたが、ありませんしそれを止めることは誰にもできないと思いますが、この仮想通貨はもしかしたら自分の人生を少し豊かにしてくれるツールになるかもしれませんね。

目先の利益ではなく、数年後の未来に投資をおくのは賢明な選択かもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました