【FX】エリオット波動の3波でエントリーするべき3つの理由

記事

エリオット波動の3波でエントリーをすることができれば、
勝率が上がり、トレードのストレスが一気に無くなります。

エリオット波動の3波は、チャート上で最も方向感が出やすく
相場に参加するトレーダーが一気に増えて注文量が増えます。

実際にFXで勝ち続けている、ほとんどのトレーダーが
エリオット波動の3波を狙ってエントリーをしています。

私も7年以上トレードをしていますが、ほとんど
エリオット波動の3波を狙ってエントリーをして勝ち続けています。

FXで勝ち続ける上でエリオット波動の3波でエントリーをすることがれば、
勝ちトレーダーの仲間入りです。

この記事ではエリオット波動の3波でエントリーをするべき3つの点について詳しく解説していきたいと思います。

このような方におススメの記事
・エリオット波動の3波について詳しく知りたい
・実際にどんなポイントでエントリーをしていけばいいのか知りたい
・エリオット波動の3波の明確な利益確定と損切りポイントを知りたい

元証券マン。トレード歴は8年ほど。
現在はFXで毎月安定的に収益を上げ、
いままで1000人以上にトレードスキルを継承してきた
私がエリオット波動の3波について、わかりやすく解説します。

なぜ、エリオット波動の3波を狙ってエントリーをするべきなのか

エリオット波動の3波はチャート上で最も、勢いが強くイメージ通りに動いてくれる可能性が高いからです。そして、勝ち続けているトレーダーは総じてこのエリオット波動の3波を狙ってトレードをしています。

エリオット波動の3波で大きくチャートが動く理由は、ヘッジファンドなどの大口の機関投資家が一気に資金を投入してくるからです。大口の機関投資は長い時間足を見て大量の資金を一気に投入してくるので、トレードする際は、最低でも1時間足など長期の時間足を見ながらトレードをしていくことが非常に重要です。

短期足でも機能することはありますが、大口の投資家は基本的に長期足の時間軸をベースにトレードの戦略を立ていっているということを理解頭の中に入れておきましょう。

長期足の時間軸でエリオット波動の3波を確認した上で、下位足でその流れに沿ってトレードをしていく戦略は問題ないですが、短期足ばかり見てトレードをしてしまうと、全体の方向感が見えなくなってしまいますので、注意が必要です。

大口の注文が一気に入って値が動くことで、その動きに見て個人投資家がその波に乗っていきます。こうして相場に参加している投資家の心理が一致するポイントがエリオット波動の3波なのです。

エリオット波動の3波はどこからエントリーしたらいいのか?

エリオット波動の3波が伸びるということは理解して頂けたでしょうか。ではエリオット波動の3波でエントリーをする手順について解説していきたいと思います。

エリオット波動3波でエントリーをする為には2つのポイントあります。それは、1波の確認と、2波の反発を確認すること。この2点です。

1波の確認とは、エリオット波動の1波が実際に起きているのかということを確認することです。エリオット波動の3波を狙う為には、まずは1波を探す必要があります。明確なエリオット波動の1波を見つけることができれば、次は2波を見つけましょう。

1波が上昇して、そこから深く戻すことをエリオット波動の2波といいます。この2波の戻しのことをよく「押し目」と言います。この押し目をしっかりと確認をすることが3波を狙ってエントリーをしていく際に重要になってきます。

そして、この2波がしっかりと反発したことを確認してからエントリーをしていきます。

これが、基本的なエリオット波動の3波を狙ったエントリーになります。

エントリー後の明確な利益確定の位置と損切位置を教えます

エントリーをした後に重要になるのが、どこで利益を確定して、どこに損切りを置くのかという点です。このポイントを理解することは、トレードで収益を上げていく上で非常に大切な考え方です。

まずエントリーをして利益を確定するポイントは2つあります。

➀フィボナッチリトレースメントの161.8の少し下

エリオット波動の3波は、基本的にフィボナッチリトレースメントの161.8まで伸びると言われることが多いですし、実際に過去のチャートを見てみるとフィボナッチリトレースメントの161.8付近で反発をしていることが多いので、利益確定をする際の1つの目安になります。

私は決済をする際に、スプレッド分を考慮して161.8の少し下で利益確定をするとが多いです。

➁エリオット波動の1波の値幅分

こちらの方がより確実に利益を確保することができます。ただ、フィボナッチリトレースメントの161.8よりも利幅があまり伸びないというデメリットはありますが、確実に利益を残していきたいと思っている人におススメの利益方法になります。

エリオット波動の3波と言うのは、1波、3波、5波の推進波の中で、波動が1番小さくなることはない。という特性をもっていますので、1波を確実に見つけることができれば、3波は最低でも1波分をは伸びることがほとんです。私もよく、このポイントをベースにストレスなく確実に利益確定をしていますので、1番おススメの利益確定ポイントになります。

損切りのポイントは、フィボナッチリトレースの23.6の少し下。

損切りは、エントリーをする前に確定しておくことが重要です。そして、エントリーを後に絶対に損切位置をずらしてはいけません。このルールを破ることで多くのトレード初心者は口座破産していきます。

エントリーをしたら、フィボナッチの23.6の少し下に損切りを置きましょう。そして、同時に利益確定するポイントを決めておきましょう。この時に、リスクリワードが最低でも1:2になるような位置を狙ってトレードしていくことが重要です。トレードはできるだけ損を小さく、利益を大きく狙っていくことが大切です。

仮にリスクリワードが1:2の場合の必要な勝率は約33%なので、同じようなトレードをしたとき3回に1回勝てれば資産は少しづつ増えていく計算になります。損切り位置をずらしてしまうとこの計算が狂ってしまうので、損切りの位置は絶対にずらさないようにしましょう。

まとめ

FXはエリオット波動の3波が伸びやすく、エントリーに適している理由を解説させて頂きました。特にFXを始めてすぐの初心者の方はどこでエントリーをするべきなんだろうと悩むことも多いと思います。

エリオット波動の3波のみ狙ってトレードをしていくことで、いままで悩んでいたことの8割くらいは解消できるのではないかと思っています。

それくらいトレードの手法がシンプルですし、インジケータなど一切使いません。

是非、参考にして頂けると幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました