エリオット波動 3波は1波分最低でも伸びるを詳しく解説

FX

今日はすこしマニアックな内容になりますが、エリオット波動で波が延長するそれぞれのパターンを紹介していきたいと思います。

エリオット波動を勉強していて、より深い内容を知りたい。という方にとって有益な情報になると思いますので是非最後まで御覧ください。

エリオット波動を学んでいくと、恐らくこのあたりで上昇は終わそうだな。そこからこのあたりまでは下落していく可能性が高いな。というのが実際のチャートを見てわかってきます。

しかし、全てがシナリオ通りになる訳ではなく、イレギュラーな動きをすることもあります。

まずはエリオット波動の基礎から学んでいきましょう。

エリオット波動の基礎知識

エリオット波動の基礎をおさらいしていきたいと思います。

エリオット波動で1番代表的なチャートパターンはこの「インパルス」です。エリオット波動をまだ詳しく知らない。という方はまずこの形をしっかりと覚えるようにしてくださいね。

このインパルスがFXで1番利益が出やすいチャートのパターンになります。

特徴として

基本の波形としては、

5波動の推進波(上昇の波)

3波動の修正波(下落の波)を交互に織りなして、上昇していきます。

インパルスの特徴として、

➀2波は1波を割り込まない

➁1波、3波、5波の中で3波が1番小さくなることはない

③4波は1波に重ならない

という特徴がありますので、是非覚えておいてください。

いままでの話が、教科書に載っているみんなが知っている知識になります。

そして、更に波の特徴を理解することで、よりFXで利益を得やすくなります。

3波は最低でも1波分は伸びる

エリオット波動の基礎は知っていても、実践で使える内容を知っている人は実はそこまで多くありません。

その中でも私が実際のトレードの中で1番意識していることは、

3波は最低でも1波分は伸びる」ということです。

この内容を知っているだけで、どの辺りで利益確定をすればいいのか。これがわかります。最大利益を得るためには必須の知識だと思っています。

簡単に説明していきますね。

まずはこちらの画像をご覧ください。

こちらはGBPJPYの4時間足のチャートになります。

3波は最低でも1波分は伸びる。という知識を実践で使うためには、まずどこがエリオット波動の1波なのか?ということをリアルタイムで動いているチャートで把握していくことが重要です。

この場合は1波と判断できそうなポイントが2カ所あります。

まずはこちらの箇所です。

エリオット波動の1波と判断するために私が意識していることは、

最安値の最後の押し目を勢いよく抜けているか」という点です。

この場合は➀が最安値、➁が最安値の最後の押し目部分になります。

➁の押し目を一気に上昇してきて、高値を更新しているのがわかると思います。この時点でこの大きな上昇はエリオット波動の1波である可能性が高いと判断できます。

1波を見つけることができたら、2波の押し目でエントリーが基本になります。

では、実際に3波はどのくらい価格が伸びているでしょうか。

冒頭で話した通り、「3波は最低でも1波分は伸びる」という内容が当てはまっているのか実際のチャートを見ていきたいと思います。

2波の終点に対して、1波分の値幅を当ててみると綺麗に反発しているのがわかります。そのまま5波を形成していますね。

「1波分伸びている」と表記のあるポイントが3波の値幅になります。

このように、エリオット波動の3波というのは最低でも1波分の値幅伸びることが多いです。最低でもというので、実際にはそれ以上伸びることはあります。

ですので、エリオット波動の1波をしっかりと見つけることが、3波の値幅を取る際にとても重要になります。

では、同じチャートでも見方を変えて違う1波を見つけていきたいと思います。

下記の画像をご覧ください。

 

先ほどのエリオット波動の1~5波分伸びた部分を、エリオット波動の1波とカウントしてみると、このようなカウントをすることも可能です。これをフラクタル構造という呼び方をします。

大きなエリオット波動の1波の中に、小さなエリオット波動の1~5波があることをフラクタル構造と言います。

1波と判断する場合は、

最安値の最後の押し目を勢いよく抜けているか」という点に注目すると、同じように最安値の押し目を綺麗に上に抜けているので、エリオット波動の1波と判断することができます。

 

3波は最低でも1波分は伸びる」という法則を当てはめてみると、四角のボックスの頂点付近までは価格が上昇していく可能性があります。実際はどうだったのでしょうか。見てみましょう。

実際に1波の値幅分は上昇しているのがわかると思います。

最低でも、という言葉通り1波分の値幅はこのように最低伸びることが多いので、1波分伸びたところで利益を確定する。という判断をすることができます。

実際にどこのポイントで下落に転じるかを正確に把握することは難しいですが、この法則が頭の中にあると、ある程度の予想はできることができますので、FXでシナリオをイメージする際にとても有効になりますので是非参考にしてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

エリオット波動の1波を正確に見つけることができれば、3波を狙っていくことが可能です。

そして、3波がどこまで伸びるか。の目安は1波分伸びた値幅になりますので、この法則をしっかりと頭の中に入れてトレードできればリスクリワードの良いトレードができる可能性が高くなります。

是非参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました