FXで損する9割は〇〇ができないから!初心者必見!!

記事

今回も資金管理について解説していきます。
前回も資金管理について解説したのですが、大事な部分になりますので、今回も補足していきたいと思います。
こちらの記事もぜひもう一度読んでみてくださいね。➡FXは資金で稼ぐ「資金管理の極意」

 

 

1回1回のトレードでの損失額を決める

1回のトレードでの損失額を毎回必ず決めること!!

ここがすごく大事になります。

FXで稼げていない人の多くは、ここになります。
資金管理が出来ない。または損切の位置をずらしてしまうことが多いようです。

しかし、感情に左右されずに淡々とトレードすることが凄く大事になります。

 

おすすめはリスク2%。 10000円だったら1回200円。

この計算をするのにおすすめのアプリをご紹介します。
 

Lot Size Calculator というアプリ(iphoneのみ)

有料アプリになりますが、とても使えるのでぜひ入れましょう!
それでは具体的にどのように使うのか解説して行きたいと思います。

 

Lot size calculatorの使い方

Lot size calculatorの使い方です。
画面のピンクの〇部分に、リスクを入れます。おすすめは先ほど言ったように2%です。

次に、ストップ幅を入れます。

ストップ幅・・エントリーポイントから損切位置までのpips幅のこと


ストップ幅とは何か?チャートで確認していきましょう。

 

このチャートの場合、エントリー位置がピンクの〇ポチ部分で、
そこから損切ラインとするのはFR23.6になります。なので、その間の幅を計ると、赤の四角で囲った部分がストップ幅が出ている部分となります。ここでは、110と出ていました。
この桁を一つ小さくするので、この場合ストップ幅は11となります。この数字を入力していきましょう。

 

そして、Lot size calculatorの矢印の部分(下のスクショの)に「11」と、ストップ幅を入れましょう。
リスクは2%ですと、「2」と入れます。
証拠金のところは、例えば10万円と入れると、その2%がリスクなので、「損失」というところに、2000円と出ます


なので、リスク2.5で設定すると、利益は5000円となります。

1:2.5の場合は必要勝率約3割でOK

ここで言う、1:2.5というのは

FR61.8でエントリーして、161.8で利確&損切りポイントは23.6に設定した場合

この場合、リスク:リワード=1:2.5となります。これ基本のルールです。

リスク:リワード=1:2.5を今回のチャートで示すと

このようになります。

具体的にpipsで表すと、

このように、

だいたい3回に1回勝てば資金はちょっとづつ増えていく計算になります。
仮に、勝率50%あればどんどん増えます

このようにFXは資金管理で増やしていくもの

だから、エントリーするポイントはとても大事です。
大きな流れに乗ることです。

大きな波に乗って、その波から外れたらすぐ損切する

これを意識していきましょう。
 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ストップ幅・リスク・証拠金これらを入れるだけでロット数はすぐにわかるので、
ぜひ、これを意識して、とにかく資金管理はブラさずに淡々とエントリーしていきましょう。

 

まとめ

・Lot size calculatorというアプリを使って資金管理をする
・ストップ幅・リスク・証拠金を入力
・リスク:リワード=1:2.5のトレードを推奨
・1:2.5とは、「フィボナッチの61.8でエントリーして161.8で利確。損切ポイントは23.6」
・3回に1回勝てれば資金は増えていく
・FXは資金管理でお金を増やしていくもの
 
 
以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました