米株がさらに下がる原因は○○が上がるから!?ドル円は125を割ってくる!?

FX

米国株の下落が続いておりますが、米国株が下落する原因とドル円との関係について解説していきたいと思います。

アメリカでは7週連続でナスダックが値下がりしておりましたが、5月4週目は大きく反発しました。

ただ、下落のトレンドは引き続き続いておりますので、アメリカ株は今後少し上昇した後にまた大きく下落していく可能性があります。

 

アメリカ株はなぜ下落したのか?

ナスダックが7週連続で下げた1番の要因は、アメリカの中央銀行(FRB)は急速に拡大しているインフレを抑える為に、利上げを行っていくのではないか?という市場の心理の変化が1番の要因だと考えております。

アメリカはコロナ後に需要と供給のバランスが崩れて、需要が供給を大きく上回り急速なインフレが続いており、しばらくはインフレ続くのではないかと市場では予想されています。

インフレが更に進めば、モノの値段は高くなり1番影響を受けるのは、アメリカで暮らしている貧困層の人達です。人口の割合で見ていくと、お金持ちよりも、圧倒的に明日食べる食事に困っている人の方が圧倒的に多いわけです。これはアメリカに限った話ではなく、世界中で見られる現象です。

貧困層の人達の生活が苦しくなると、その不満は現在の政府や大統領へ向かいます。そうなると、中間選挙を控えているバイデン大統領としては、なんとしてでも勝たなければなりません。多くの国民の支持を得ることができないと、選挙で勝つことはできません。

そうなると、いま急速に進んでいるインフレを何としてでも抑えなければなりません。インフレを抑えるためには、コロナ政策等で市場に大量にばら撒かれた「ドル」を回収しなければいけません。

その為に、アメリカの中央銀行は「利上げ」を行います。利上げというのは、国の政策金利を上げることを言います。政策金利が上がることで、市中金利も上がります。そうなると、銀行の金利や不動産の住宅ローンなども上がります。金利が上がるとお金を借りる際にも、企業や個人などはお金を借りにくい状況になってしまいます。

そういった政策をして、加熱している消費を抑えてインフレを進行を抑えようとしている途中である。というのが現状です。

そして、この利上げは2022年の年末まで続くのではないか?というのが市場の予想です。

現状の政策金利は0・75~1.00%です。

6月と7月にもアメリカの政策金利の発表がありますが、0.50%の利上げをすることはほぼ、マーケットとしては織り込んでいる状態です。

金利が上がると株価は下落しやすいというは投資をしている人にとっては常識的な内容ですので、アメリカ株が下がっている1番の要因はこの政策金利が上がっているというが1番の要因です。

政策金利が上がると、アメリカの長期金利(10年国債)の価格も上昇していきます。株は国債に比べるとリスクのある資産です。逆に国債は国が無くならない限り、ほぼ100%元本を保証して利息を払ってくれます。株価が下がって、自分の資産が減るくらいであれば、利益は少なくともほぼ確実に儲かる国債を買っておこうという動きが強まるのも、株価が下がる要因です。

また長期金利の上がる要因としては、市場に参加している人たちのインフレの期待値も含まれます。これから更にインフレが進むと多くの人が予想するのであれば、国債の価格は上昇していきます。

その予想というのは、経済指標であったり、日々のニュースの影響が大きいと思われます。

特にCPI(消費者物価指数)は、その国の物価が現状でどういった状況にあるのかを分かりやすく伝えてくれる指標です。CPIが予想の数字よりも高く出た場合は、更に物価高が進みインフレが進むと予想されますので、長期金利が上昇していきます。

長期金利が上昇すると、日本の国債との金利差が広がりますので円安に動きます。そうなると、FXをやっている人はドル円に関してはロングで攻めていく戦略がベストになる訳です。もちろん、テクニカル的に分析をしてリスクリワードをしっかりと見極めた上でトレードすることが1番重要ですが、ファンダメンタルズ分析も同時に行い大きな波がどの方向に向かっていく可能性が高いのか?ということも理解してトレードができれば更に精度は高まっていくのではないでしょうか。

アメリカの10年債の利回りは、2.75%前後をうろうろしています。2.75%というのは、2022年の年末までのおおよそのアメリカの金利の予想値と重なります。

ほぼ、市場に参加してる人たちの予想している数字に近くなってきておりますので、以前のように一気に大きく相場が動くようなことは少なくなってくると思います。

まとめ

株価と為替の関係というは一概には言えませんが、大きく動く時というのはアメリカの国の金利が動いた時というのは間違いないと思いますので、FXをやっている人は、チャートだけではなく、今世の中でどういったことが起きているのか?を知ることで、今後のトレンドの大きな波を捉えることができると思いますので、是非参考にして頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました