【世界三大市場】ニューヨーク時間で稼ぐために知っておくべきこと

記事

トレードをする人の中には、サラリーマンをされながら、
副業でトレードをする人も多いかと思います。
または、日中はお仕事やお家のことで手いっぱいで、それでもトレードをされているという方もいらっしゃるかと思います。

そのような方の場合、必然的にトレードする時間帯は日本時間の夜開く、
ニューヨーク時間が最も多くなりますよね。

世界三大市場は東京・ロンドン・そしてニューヨーク市場ですね。
今回は、そんなニューヨーク市場はどのような特徴があるのか、どこに気をつけるべきなのか、
ニューヨーク時間に特化して解説していきたいと思います!

 

 

ニューヨーク時間とは

日本時間21時~6時(冬時間22時~7時)
ニューヨーク時間は一日の中で最も市場参加者が多い。

ニューヨーク時間は、ドルが世界の基軸通貨というだけあって、値動きが非常に活発になる時間帯です。ただそれだけでなく、ヘッジファンドや機関投資家などが大量に参加してくる時間帯であり、さらに、この時間帯はまだロンドン市場も重なっています。
ロンドン市場と言えば、取引量世界ナンバー1ですよね。

ロンドン市場・・16時頃~翌1時頃。冬時間17時頃~2時頃

ニューヨーク市場は、ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間帯があるため、
非常に値動きが激しい、活発な時間帯となります。
さらに、ボラティリティも高く重要な経済指標もわんさかあります。

取引量という点ではロンドン市場が一番であり、ニューヨーク市場は世界第2位となります。

 

ニューヨーク時間の特徴を理解する

先程も言ったように、この時間帯は、
世界一の取引量を誇るロンドン時間とニューヨーク時間が重なる、もっとも市場参加者の多い時間帯ですが、

なかでも取引が活発と言われているのが、
夏時間は24時まで、
冬時間は翌1時まで

といわれています。
ロンドン市場が終わるころに、ニューヨーク市場の値動きも穏やかになるんですね。
それまでの時間帯というのは、トレンドが形成されやすいです。
東京時間やロンドン時間で作られたレンジをブレイクし、新たにトレンドを形成します。
基本的にそのトレンドに逆らわないエントリーをするのがニューヨーク時間で稼ぐためのポイントです。

 

値動きに注意する時間帯

それでは、具体的にどの時間帯が注意すべきかを見ていきましょう。

 

オプションカット

夏時間 23時
冬時間 24時

オプションカットの時間は、買い手と売り手の攻防戦がくりひろげられるため、動きが激しくなりやすいです。
その時間が過ぎると戻り、トレンド転換することもあります。

オプションカット・・米ニューヨーク市場での通貨オプション権利行使の期限時刻。オプション取引の権利行使によって損益が確定することから、投資家が自らのポジションが有利になるように外国為替相場で現物取引の売買を活発化させると言われています。

 

ロンドンフィックス

0時付近
ロンドン市場の為替レートが決まる時間

日本時間の仲値と同じく、値動きが一時的に荒くなるため注意が必要です。

 

2時~3時

2時頃から相場が落ち着いてきます
しかし、2時から3時頃に重要な経済指標があることもあるので、そういったときは相場が動きますが、それ以外は比較的穏やかな時間帯です。

 

ニューヨーク時間の重要な経済指標

ニューヨーク時間は重要な経済指標がとても多く、これらの経済指標発表のある時は、特にドルストレートに強く影響を及ぼします。そのため、その時間のドルストレートでのトレードには注意しましょう。

ニューヨーク時間に特に重要な経済指標は以下になります。

雇用統計
FOMC米連邦公開市場委員会)
中古住宅販売成約指数
GDP(確報値)
要人発言
 

雇用統計

全ての経済指標の中で最も有名で重要な指標。毎月第一金曜日発表
雇用統計の発表がある週は、相場が動きにくい傾向もあります。週の半ばくらいからその傾向があり、雇用統計の発表を控えて値動きが小さくなりがちです。逆に雇用統計が過ぎた翌火曜日辺りからトレードしやすくなります。

 

FOMC(米連邦公開市場委員会)

FRBの金融政策を決定する会合。市場の注目度が非常に高い。年8回。政策金利、景況判断。
3,6,9,12月は議長会見がある。こちらも注目度が高いです。

他の重要な経済指標についての詳しい記事は以下を読んでみてください。


ニューヨーク時間は基本的にはスプレッドは狭い方ですが、
これらの重要な経済指標発表時にはスプレッドが広くなりやすく相場も大きく変動しやすいので
注意しましょう。

 

アメリカが祝日の時はトレードするべき?

アメリカの祝日の時は、ニューヨーク時間に市場参加者がとても少なくなります
そのため、値動きがほとんどありません

値動きがないと言うことは、バイナリーならわずかな差で負けやすくなりますよね。
FXでも利幅が取りにくいですよね。そもそも分析が出来ません。
値動きがないと言うことは、やりにくいということですね。
思い切って祝日の時は勉強に充てる!またはリラックスする日にする、など、自分なりのルールを作るのも良いかもしれません。 

 

ニューヨーク時間で稼ぐには

トレンドフォローがベスト

ニューヨーク時間は、膨大な資金を投入して取引をしている機関投資家が多く参加する時間帯のため、トレンドが生まれやすく、生まれると長く続く傾向にあります。
さらに、ニューヨークで発生するトレンドは大きなトレンドになりやすいため、流れに沿ったエントリーをする方が賢明です。ニューヨーク時間のトレンドはだいたいロンドン市場が閉まる頃までです。

 

お勧めの通貨ペア

EUR/USD
GBP/USD
GBP/JPY
EUR/JPY

アメリカ時間だけあって、ドル絡みがおすすめ
特に日本人はドル円が好きですが、そのためグロス円も値動きが活発になりやすいです。
この時間はEUR/USDが主役となります。世界一位の取引量通貨ですね。
そしてGBP/USD。
ポンドは値動きが荒いため、ボラティリティが高いのが特徴です。
そのため、スキャルピングをするトレーダーに人気の通貨でもありあます。
しかし、やはりボラティリティが高いため、利益が出たらすぐに手じまい、深追いはしてはいけない通貨ペアです。

GBP/JPY、GBP/USD、EUR/JPYがボラが高くて定期的に強いトレンドがありおすすめとなります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ニューヨーク時間は市場参加者が多く、取引も活発。
経済指標も多く、相場が大きく動きやすくもあり、
利益も得やすい時間帯

短い時間で取引をするバイナリーオプションにも、スキャルピングやデイトレードをするFXトレーダーにとっても、トレードをしやすい時間帯といえます。
ただしそんな中でも気を付けたいのは、上記にあげたような経済指標と時間帯ですね。
トレード自体に慣れていない初心者のうちは、激しい値動きに巻き込まれてしまうかもしれません
そういった方の場合は、まずは東京市場で相場というものを観察して値動きやロウソク足の動きを知ってから、それから値動きの激しいニューヨーク市場に入って効率よく稼ぐという流れの方が賢明かもしれません。

動きがあるということは稼ぎやすい反面、巻き込まれる確率もそれだけあります
ということは、そうならないためには分析や検証しかありませんよね。
そのため、十分にそれをしてからでも遅くはありませんよ。

 
それでは、この記事が参考になり、ニューヨーク時間で頑張るきっかけになっていただけたら幸いです!

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました