【世界三大市場】東京市場の特徴とは!?

記事

今回は、東京時間の攻略法についてです。皆様は決まった時間にトレードされていますか?
東京時間は日本時間の午前中から夕方なので、サラリーマンの方というよりも、主婦の方や
専業の方が見ることの多い時間なのではないでしょうか?

それでは、そんな東京時間の特徴について解説して行きたいと思います。

 

東京時間とは

東京時間・・東京外国為替市場 午前8時~午後5時まで

東京市場も世界三大市場の1つと言われています。

東京外国為替市場とは、建物があるわけではありません。しかし、この時間帯に東京外国為替市場が開いているということです。

そして、東京時間は午後16時までとするトレーダーもいて、株と違いFXには明確な終わり時間がありません。
ネットワークを通じて24時間世界中の市場と取引することは可能となっています。 

それでは東京時間の特徴を見ていきましょう。

 

東京市場の特徴を理解する

比較的静かな値動き
レンジ相場が多い
日経平均株価の影響を受けやすい

世界三大市場の中でも、東京市場は比較的静かな動きが多く、同じ値幅の中で動くレンジ相場になりやすいのが特徴です。
絶対ではありませんが、傾向として、ロンドン時間やNY時間のような大きなトレンドは作られにくいということです。

その中で押さえておきたいポイントが以下になります。

仲値決定時間 午前9時55分~10時

東京市場で相場が活発化する時間帯は、仲値決定時刻です。

仲値・・金融機関が対顧客に対して基準となる為替レートを毎日決まった時間に発表する        ことになっている。そのレートが9:55に決定し、10時ちょうどに公表される仕組みとなっている

この、発表の時間である午前9時55分に向かって為替レートがドル高になる傾向があります。つまり、売買が集中するんですね。そのため、この時間帯の値動きは激しくなりやすく、バイナリーオプションでも注意する必要がありますね。

 

ゴトー日は動く

仲値決定時刻に売買が活発になると説明しましたが、その中でも特に活発になるのが、
ゴトー日です。

ゴトー日・・5日、10日、15日、20日、25日、30日のこと。
      企業の銀行の資金決済が多くなるためドル需要が多くなる傾向がある

輸出入を行っている企業がドルに変換することになるため、このゴトー日には需要が増えるんですね。
なので、ゴトー日の仲値時間は相場の動きに特に注意しましょう

 

午後の値動きは弱い

東京時間でトレードする場合、先ほど述べた午前中の時間帯に動きが出やすく、
午後に入ると比較的静かになります。
バイナリーオプショントレードの場合、レンジで戦えるため東京時間は適していますが、
FXトレードの場合、大きなトレンドが起こりにくいため、じっと待つには耐えがたい時間帯かもしれません
効率よく稼ぐには、値動きの激しいロンドン・ニューヨーク時間の方が良いといえます。

 

日経平均株価の影響を受ける

東京時間のもうひとつの特徴は、日経平均株価の影響を受けやすいと言うことです。

株と為替の関係のところでも以前説明しましたが、東京時間は東京証券取引所の時間帯と重なります。

そのため、簡単に言うと、日本株が好調だと、円も買われやすくなり円高となり、
日本株が下がると円も下がり円安になりやすいということです。

そしてもちろん、日本の経済が好調と感じたら円を買う人が増えます
このように、経済と為替は繋がっているため、連動した動きをしやすいということになります。

 

東京市場 まとめ

このように、比較的穏やかな東京市場ですが、15時にオプションカットがあり、また、ヨーロッパの早出組が出始めます
16時にはロンドン市場がオープン(夏時間)し、17時の東京時間終了まで相場が活性化します

東京市場の特徴をまとめると、

・相場が動く時間帯は、午前9時55分の仲値決定時間に向けてとその直後、そして15時以降。
・それ以外の時間帯は比較的穏やか
・日経平均株価の影響を受けるため、それによる値動の連動がある傾向がある
・レンジ相場が多く、大きなトレンドは少ない

 

以上が、東京市場の特徴でした。
参考になれば幸いです。

ぜひ、特徴を知った上で、実際にチャートの動きを見てトレードに活かしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました