【私が1年間で1万円を100万円にした話】投資知識0からのスタート【前半編】

記事

こんにちは。今回は、松尾先生が1年間で1万円をどのように100万円にしたのかについてお話していきたいと思います。

こちらの記事はこんな方にお勧めです。

・投資に興味がある
・子育て中の主婦

是非、今回の記事を読んでいただいて何か投資をするきっかけになっていただければ幸いです!

 

 

自己紹介

松尾先生は、今は外に働きに行っているわけではなく、家で子育てをしながらコツコツとトレードで収入を得ています。

FXで最初の1年間で1万円を100万円にしました。
今回はそのことについてお話をしていきたいと思います。

 

1日のスケジュール

写真にあるように、FXはスマホでもトレードが出来ます。そのため、ごはんを作りながらスマホでチャートをチェックしたりしています。

 

14時頃、子供が寝るタイミングで一緒にお昼寝をします。そうすることで、午後頭がしっかり働くようにします。

 

トレード分析は15時からします。

 

21時頃、子供を寝かしつけたら、自分の時間です。
ここでまたトレード分析をします。

そして23時半ごろ就寝です。

 

基本的にはパソコンを見てトレードの分析をしていますが、 

子供のお昼寝時間・一人遊びの時間にトレードをする

特に、ロンドンマーケットオープンの15時から17時頃によくトレードをしています
この時間によく分析をしてエントリーをしています。

チャートを見ている時間は1日1時間半~2時間程度

トレードを始める前は、トレーダーというと、パソコンを何台も持って分析やエントリーをしているというイメージがありました。
しかし、松尾先生はパソコン1台で20~30分の隙間時間を使ってトレードしています。

また、外出先でもスマホを使ってエントリーをすることが出来ています。

現在はこのような形で利益を上げていますが、トレードに出会う前は
投資知識は0でした。

 

トレードに学歴は関係ない

頭が良かったからトレードが上手くなったわけではありません。
実際に、スポーツ1本の学生時代でした。 そのため、学校の勉強はあまり得意ではなかったのです。

トレードに学歴は関係ないので諦めないこと

  

社会人時代

 それでは、投資に出会うまでの社会人時代についてお話していきたいと思います。

小学校から大学卒業まではスポーツ1本の人生を送っていました。

数字を追い求めることに人生を賭けていたので、大学卒業後は営業職を選びました。

そこでの実績は上の通りで、自分の数字管理だけではなく、新オフィスでの数字管理も任された職に就きました。

 

結果を出すために意識した2つのこと

これらの結果を出すために意識したことが2つありました。

 

量を重視

スポーツで場数を踏むことで得られることがわかっていたので、仕事でも他の人よりも量をこなすということを意識して実践していました。

結果を出している人からアドバイスをもらう

スポーツ時代に、結果を出している人のマネをすることで成果につながったことを体感していたため、とにかく結果を出している先輩にコツを聞くということを意識していました。

 

大学時代のスランプ脱出法

例として、大学時代に4年間スランプに陥った時期がありました。
このままでは気持ち良く引退出来ないな、ここで辞めるわけにはいかないなと思い、16歳の時に10年間お世話になったクラブチームを離れる決断をしました。

そして、どこに行ったかと言うと、強豪チームに移籍しました。
なぜなら、強い選手を育てているスタッフに直接教わることができたからです。
そして、強豪チームに身を置くことで、強い選手たちがどのように考え、どう取り組んでいるのかを知ることが出来たからです。

そして、結果わずか3か月で4年のスランプから抜け出すことが出来ました

結果が出た一番のポイントは環境

全国トップレベルの選手を育成するスタッフから直接指導を得られたこと、そして、選手内においてもお互いにアドバイスしあっていて、アドバイスされた側も素直にそのアドバイスを元に行動に移していました

この環境が、自分自身のスランプを克服できた要因だと感じました。

その後も、4年ぶりに大会に出場することが出来、やはり環境ありきの結果だと感じました。

結果を出している人から教わることを大事にするようになった

このことが、仕事で実績を残せた結果に繋がったと感じました。

 

結果がお給料に反映されない

しかし、現実は、自分がどんなに結果を出してもお給料やボーナスに反映されませんでした。

さらに、全く売り上げを上げていない同期と同じお給料でした。

そのことがとても悔しく、仕事へのモチベーションも下がってしまいました。

売り上げを上げている自分に対して正当な評価がされなくて、悔しい想いをしました。

 

このままで大丈夫なのか・・

このような悔しい思いと、成果を正当に評価されないという不安と、会社の将来への不安から本業以外に何かしないといけないと思うようになりました。

 

 

投資と出会う

そんな時、仮想通貨と出会いました。

徐々に毎日増えていくお金を目にし、また、当時結婚を考えていたので、家にいながら投資で稼げるというのはいいなぁという想いがありました。

また、身内も投資信託や不動産投資をしていたので、投資に対する拒否感もありませんでした。

調べてみると、無料レクチャーなどの、怪しい投資案件ばかりでした。
そして、自分の周りに投資について詳しい人がいないということに気づきました。

それでは、スポーツから学んだ、環境を変える必要があると思い、ネットで見つけた投資セミナーに参加申し込みをしました。

その道のプロから教わるのが、結果を出すのに早いということは
スポーツの経験からわかっていたので、投資を始めるにあたってもプロから学びたいと思いました。

実際にセミナーに行けば直接見て判断できると思ったからです。

 

前半編まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまでまとめると、

・1回30分くらいのトレードをしている
・外出先でもスマホトレードをしている
・投資知識0からのスタート
・結果を出すために大事なことは
・量をこなすこと
・結果を出している人から教わること
・環境を変えることが大事

後半編では、ここからどのように1年間で1万円を100万円に増やしたか、詳しいプロセスについて紹介していきたいと思います。

ぜひ、併せてご覧ください。

 

それでは、最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました