バイナリーオプション、まずどうやってチャートを見たらいいの??

記事

バイナリーオプションを始めると決めたはいいけれど、

まず何をどうチャートを見ていいものやら。。

 

初心者の方はそう思いますよね?
 

動画の方で様々説明してあるのですが、

エントリーするまでにまず何を見ていったら良いのか、

その辺りを今回はまとめてみました!

 

 

逆張りと順張りというものがある

  

バイナリーオプションは、

上に上がると思われる「High」に賭けるか

下に下がると思われる「Low」に賭けるか
 

その2択しかありません。

 

そして、

手法には、逆張り、順張り、があります。

 

逆張り

逆張りというのは、

そろそろここで反発するだろう

という

反発を狙って入るエントリーになります。

私たちが説明しているのはこの

逆張りの手法になります。

 

順張り

順張りというのは、

そのままの流れについていくエントリーになります。
 

上に向かってロウソク足がずっと進んでいたらそれは上昇トレンド

と言います。
 

たとえばそこを順張りでエントリーする、というのは、

同じ方向に向かってエントリーすることになるので、
 

「High」でエントリーする、
 

ということです。
 

 

逆に、上昇しているけれど

もうそろそろ終わるなと思ってエントリーする場合、

下に下がると思ってエントリーする場合は、

「Low」でエントリーします。
 

これが逆張りです。

 

 

ここでは逆張りの手法を紹介しています。

 

 

水準

水準とは、

RSI

ストキャスティクス
 

が、一定の基準に達していた場合、

そこが逆張りのチャンス、ということです。
 

バイナリーを始めたばかりの方は、

まずこの水準を見て、

水準が決まった値に入っていたところだけを

まず見ていく、ということです。

 

そのRSIの見方に関しては

詳しくはこちらの記事をご覧くださいね。(→「覚えておきたいインジ!RSIとは?」)

 

ライン

では、水準が達していたら

全て入っていいのか??

 

答えは「ノー」です。

 

次に見るべきは、ラインです。

 


そこが本当に反発しそうなのか

見るためにラインを引きます

 

 

引いたラインの前後で

ロウソク足が上にも下にも反発されていた場合
そのラインは非常に意識されたラインであると言えます。

 
例えばこのようなチャートですね。

 

黄色の〇で囲っている部分が

左の〇は下から抵抗されていますよね(レジスタンスと言います)。

右の〇は上からそのラインで支えられています(サポートと言います)。

 

画面左側を見ても

何度もサポートされていますよね。

 

このように、上からも下からもタッチされて

跳ね返っているラインというのは

レジサポ転換ラインと言って

とても意識されている強いラインとなります。

 

つまり、反発する期待値が高いんですね。

 

他には、

誰が見てもわかりやすく

てっぺんと谷

画面の一番高いところで跳ね返っている、

または一番底で跳ね返っているライン。
 

例えばこちらになります。

 

こちらの黄色の〇部分は

画面上で一番上、頂点

一番底、ですよね。

こういうところは意識されやすいです。

他に、

何度も抵抗しているライン

チャートでいうと

以下のようなラインですね。

同じライン上で4回くらいタッチしています。

つまりそれだけ

多くの人が意識しているから跳ね返っているという

ことなんですね。

 

他にも、

前日安値、高値など。

 

これらの場合、

多くのトレーダーがそこを境目として意識している

ことになるので

また反発する可能性としては高くなる

ということなんですね。

 


ラインについての詳しくはこちらの記事で説明しているので、

ぜひ見てみてくださいね。→「正しいラインの引き方」

 

 

バイナリーオプションは期待値を追うものです。

 

そのため、

このように、多くの人が同じことを考えるだろうポイントは

期待値も高いと言えます。
 

そういったところで積極的に入っていくのが

バイナリーオプションのトレードの仕方になります。

 

 

注意点

ここまでは、

初心者の方にとってまずどういうところで入るべきか、

について書いていきました。
これは最初の基準ですが、もちろん注意点もあります。

 

それは、

その基準値が機能しないときがある

ということです。

 

それが

・マーケットオープン時

・重要な経済指標発表時

です。

 

必ずしも絶対ではありませんが、 

マーケットオープンというのは何かと言うと、

 
外国為替市場の世界三大マーケットが以下の3つになります。

 
東京

ロンドン

NY

 

ですね。

(以前記事にまとめましたので詳しく知りたい方は見てみてくださいね⇨「外国為替相場の1日の流れを知ろう!」

 

それぞれの市場のことをマーケットというのですが、

各マーケットが始まる時間の前後30分というのは、

通常の動きと少し変わってきます。
 

そのため注意が必要になります。
 

東京⇨9:00~

ロンドン⇨16:00(17:00)~

NY⇨21:00(22:00)~

 

上記の時間でマーケットがオープンします。
 

その中で、特にロンドンとNYのマーケットがオープンする時というのは、

参加するトレーダーが一気に増えます

 

そのため、値動きが急激に動きやすく、

一方通行に延びやすかったりします
 

特にロンドンの16時オープンにいつも通りのエントリーをしようとすると

RSIの水準などがおかしくなって負ける可能性も高くなります。
 

出来高、つまり売買、が一気に増えるため、

それまでのRSIの数値と変わるからなんですね。

 
変っているのにそのことを知らずに水準をあてにすると

負けることが多いということです。

 

 

なので、

 
水準とラインで勝負するという基準を守りつつも、

この、マーケットオープンの30分前後というのは数値が正確になりにくく、

水準だけを見てのエントリーは危険となります。
 

また、重要な経済指標があるときも同じ理由で狂いやすいです。

 

発表まで待つトレーダーが、

発表後、一気に動き出すことがあります。
 

そうなってくると水準やラインというものは信用できなくなるんですね。
 

所謂、ファンダメンタルで動いているからなんです。

経済の基礎的条件、ですね。

 

そういうとき、テクニカル分析は利かなくなってくることが多いです。

 

まとめると

 
1.まず水準が入っている通貨に注目する

2.1にラインは引けるのか。意識されているのか確認する。

3.マーケットオープンじゃないか、重要な指標がすぐ後に控えていないか、

または被らないかチェックする

4.被っていたらいったんルックする

5.大丈夫だったらエントリーする

6.上記を踏まえ、期待値の高いところだけでエントリーする 

 

厳密にはエントリーする時の1分足の見方

などももちろんあります。

 

ですが、最初からそれを覚えようとすると混乱するため、

まずは今回のことを最初に覚えていきましょう。
 

その経験をすると、

本当だ、勝てるんだと思う一方で、

なんでその通りにやっているのに負けるのか?

もっと見れるところがあるのかもしれない、、
 

と思うこともあるかと思います。

 

そうなったときに、1分足も見ていくようにする。

他の要因も見ていく。
 

そのようにしていくといいと思います。

 

トレードは、最初から勝ち続ける人はいません。
 

勝ったり負けたりしながら自分のエントリーを振り返り、

理由が分かる負けの場合は、

心を鬼にして減らし(←最も重要!!)、

 

理由の分からない負けが生まれてきたら

もっと勉強する、

あるいは、

分かる人に添削を出して

何がいけなかったのか見てもらうのがいいと思います。

そうすると、正しい相場の見方が見についていくと思います。

 

そうしてちょっとづつ視点を多くしていきましょう!

 

 

今回は、

バイナリーを始めると決めたけれど、

何をどう見てエントリーしたら良いのか?

という視点でお話しました。

 
 

何か参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました