事前分析方法を公開!トレンドラインを活用して、仕掛けるポイントを理解する

記事

こんにちは。今回は、GOLDの事前分析についてお話していきたいと思います。ショートを狙っていきます。事前分析はめちゃめちゃ大事ですので、ぜひ参考にされてみてください!

 

 

GOLD H1

1時間足から見ていきます。

このように、チャネルラインを引くと、その中でロウソク足が動いていました。そして、意識されている水平線もあるのですが、そこを大きく抜けてきました。

ここを見て何を思ったかというと、この抜けたロウソク足がそのあと、チャネルラインまで戻してきて、反発したらショートを狙っていきたいということです。

 

 

どこで入るか

安値を切り下げたポイントにフィボナッチの100を当てました。

そして、エントリーするなら、61.8で一発、そしてもう一発をもう少し上でしようと思っていました。

全体的にはまだ上目線ではありましたが、ロウソク足を見ると、高値を切り下げ、安値切り下げを確認できました

さらに、トレンドラインを抜いてきたということが、ショートを仕掛けていくポイントでした。

 

結果

結果、どうなったかというと、エントリーは2か所で入りました。

H4でトレンドラインをもう一本引きました。

そして、損切りを50付近にずらしました。

トレンドラインは、エントリーしてからも追加していきます。意識されていそうだなと思うところに引いていきます。

ここを抜けてきたら損切りをする予定で、今のところは利益が出ています。

 

GOLD M30

30分足も見ていきましょう。

30分足で見ると、長期の移動平均線を抜けてきているので、下目線が強いのではないかと感じます。

 

 

GOLD M15

15分足で見ると、すでに移動平均線が上に来ています。

これで、ロウソク足が上抜いてきてしまったらシナリオを考え直したいと思います。

 

 

GOLD M5

5分足では移動平均線にちょうど当たっているところです。

 

エントリー根拠まとめ

今回のエントリーをまとめると、

H1でチャネルラインが引け、その中でロウソクが動いていたのが、分かりやすく抜けてきました。

さらに、水平線が引けて、それも抜けてきました

その時点でリトレースメントを当てて、高値安値の切り下げを確認して、エントリーしました。

今回は、まだ移動平均線は上昇中ですが、移動平均線はロウソク足の動きから出来ているため、ロウソク足が高値安値を切り下げたことを優先しました。

さらに、H4で意識されている高値にトレンドラインを引きました。

現在は、2本のチャネルラインの間で動いている状況ですが、高値も安値も切り下げています。

また、M30でも移動平均線が上に入り込んできています。

M15も入り込んできています。

そして、現在も保有中ですが、161.8で利確予定、50付近で損切りと言うシナリオです。

 

いかがでしたでしょうか。

エントリーの事前分析というのが、すごく大事になってきます。

事前準備で勝率がほとんど決まると言っても過言ではないので、ぜひこのような分析方法を参考にしていただいて、トレードに活かしてもらえたらと思います。

それでは、今回は以上になります!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました