今から始めるFX~知らないといけない基礎用語①~

記事

こんにちは。
今回は、FXをこれから始めようと思っている方、または始めたばかりの方向けに、最低限知っておきたいFX用語について解説して行きたいと思います。

ぜひ、これを機に覚えてしまいましょう。

 

 

ポジション

買いポジション、売りポジションと言いますよね。

この、ポジションというのは、

現在持っている持ち高のこと

を表します。

買いを入れたり、売りを入れた状態のことですね。
決済前の保有している状態のことです。

例えば、ドル円を買いでエントリーし、決済していない状態の時は、
ドル円の買いポジションと言い、

ドル円を売りで入っている状態の時を、売りポジションと言います。

この状態のことを、
ポジションを持つ、ポジションを建てる、ポジションメイクと言ったりします。

 

 

pips

pipsとは、通貨の最小単位のこと。

異なる通貨の単位を共通の単位で表すことができます

ドル円を例にあげると、100.00から100.02に上がった場合、₊2pips
上がったことを意味します。

この、0.01単位が1pipsを表します。

ちなみに、日本円では0.01の単位=銭を表しますよね。
1銭=1pipsということになります。

これは、通貨によって違い、EUR/USDの場合、1pips=0.0001米ドルとなります。

このように通貨単位によって違いが出てきます。
そのため、損益金額も通貨ペアによって異なってきます。

 

 

 

ロング・ショート

ロング・・買うこと。買いポジションを保有すること
ショート・・売ること。売りポジションを保有すること

 例えば、ドル円を買いで入ったのなら、ドル円のロングロングポジション
ドル円を売りで入っているのなら、ドル円をショートで、またはショートポジションで保有していると言います。

 

 

ロット

ロット・・取引数量のこと

ロットには「ひと口」という意味があります。
つまり、ひと口あたりの取引数量という意味になります。

大抵の場合、1ロット・・1万通貨と表現することが多く、
ドル円で1ロットの場合、1万ドル分の取引を意味します。

例えば、1ドル=100円のレートで1ロットの取引をする場合、

1ドル100円×1ロット(100円×1万)=100万円分の取引をしていることになります。

1ロットが何通貨か、というのは、証券会社によって異なり、
1ロット=10万通貨と設定している会社もありますので、確認してください。

 

ちなみに、1ロットの場合の損益は以下のようになります。

1pipsの変動・・100円
10pipsの変動・・1000円
100pipsの変動・・10000円

そのため、当然ロット数を上げればその分リスクもありますが、リターンも大きいということです。

 

 

証拠金

証拠金・・FX取引をする際の資金のこと

FX会社に預けている証拠金を受入証拠金
ポジションを維持するために必要な必要証拠金、最低証拠金など、呼び方は会社によってさまざまでもあります。

FXは「取引総代金がいらない」という特徴があります。
そのため、例えば100万円の取引をしたい場合、100万円なくても取引ができます。

では、いくら必要なのか?と言った際に、使われる言葉が必要証拠金となります。

口座残高にいくらあれば取引が出来るのか、ということです。

FXは、この仕組みを利用することでハイリスクハイリターンな投資が出来るということがのメリットでもあり怖さでもあります。

だから、資金管理が大事なのです。

 

 

レバレッジ

資金の何倍もの取引を行えるシステムのこと

先程の、証拠金取引ができるのは、このレバレッジが効くからです。

レバレッジ25倍とありましたら、実際の資金の25倍の取引ができるということを意味します。

これは、実際の持ち金の25倍までの取引が出来るということを示します。


そのため、勝てば大儲けですが、その分もちろん負けた場合も25倍分取られてしまうのでハイリスクです。

日本の業者は規制により、このレバレッジが25倍までとなっています。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、FXに取り組む上で本当に知っておかなければならない基礎用語について解説していきました。

まだ知らなかった方はこれを機にしっかりと覚えておきましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 



タイトルとURLをコピーしました