【イメージ変わる?!】仮想通貨ってどうなの?今更聞けない仮想通貨のあれこれ

記事

今回は
『今更聞けない仮想通貨のあれこれ』についてまとめてみました。

 

 

2017年に仮想通貨で億り人になるというニュースが大きく取り上げられ、

この影響から多くの方が
仮想通貨を認知するようになりました。

 

これをきっかけに
投資、トレードがこれまでより身近になったと言われています。

 

ですがその後、

・日本で有名な仮想通貨取引所からの流出
・仮想通貨の暴落

 

といったことが起こり、
仮想通貨の熱が少し冷めたように感じます。

 

ですが・・・

2020年4月約80万円ビットコインが、
2021年前半600万円を超え

再び注目を集めました。

 

仮想通貨は、インターネットを使った
スピーディで便利な決済手段として作られましたが

ビットコインであれば”ブロックチェーン”など、
なんだか難しそうなイメージを待たれて

仮想通貨に興味があるけれど、
一歩踏み切れない方多いのではないでしょうか?

 

そんな方に向けて
今回は今更聞けない仮想通貨のあれこれを解説していきますので、
ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

仮想通貨とは 

 

『仮想通貨とは暗号資産のこと

インターネット上でやりとりできる財産的価値』

 

(例)ビットコイン、イーサリアム、リップル

これらの通貨が今現在、時価総額が大きいものです。

 

仮想通貨の用語

 

アルトコイン:ビットコイン以外の仮想通貨を総称した呼び方

草コイン:アルトコインの中でも時価総額が小さく、今後に期待できる仮想通貨

 

仮想通貨の運用方法

 

”安い時に買って、高い時に売る”

 

これは他の投資と同様です。

 

ですが仮想通貨は価格変動が大きいことから、
元金を何倍にもできる可能性があります。

 

仮想通貨の法律

 

暗号資産は「資金決済に関する法律」において、定義されています。

 

 

 

ここでは”仮想通貨”と”法定通貨”という言葉が出てきましたね。

 

次では2つの違いについて詳しくお話します!

 

仮想通貨と法定通貨の違い 

 

仮想通貨と法定通貨の違いは

”国による価値の保証(信用)がない”ということです。

 

例えば・・・

日本円の1万円札では、1万円分の買い物しかできません。

 

ある日は1万円の価値だけれど、
1週間後には10万円の価値になっている。

=1万円札で10万円分の買い物ができる。

 

こういう現象は起こりませんよね。

 

でも仮想通貨は違います!

 

最も時価総額が高いビットコインで例を出すと…

 

1BTC(ビットコイン)の価値が日によって変わります。

 

ある日の1BTCが1万円で、
1週間後の1BTCが10万円になるという現象があり得るんです!

 

仮想通貨は通貨の取引状況であったり、
経済の影響から価値が変動するという特徴があります。

 

 

これは1ビットコインの価格変動がよくわかる画像です。

縦軸の価格に注目してください。(ドル表記)

左側はロウソク足がつぶれて、
一体いくらなのかわからないですが…
(だいたい100万円以下くらいでしょうか。)

 

その後2017年価格が上昇し200万円に。

 

そこから横ばいの動きをしながら
2021年に再び上昇、600万円に達しました。

 

これでわかって頂けたと思いますが、
1BTC 200万円の時もあれば
1BTC 600万円の時もあるのです。

 

仮想通貨を利用するときの注意点

 

それでは、仮想通貨の注意点を3つ紹介していきたいと思います!

しっかり理解してから、
仮想通貨に触れていきましょう。

①安全性と信頼性の高い取引所を選択する 

 

金融庁・財務局の登録を受けた暗号資産交換業者のみが
仮想通貨交換サービスを提供しています。

 

必ず登録のある業者を選択しましょう。

 

マイナーな業者であると、
業者がつぶれてしまったり、出金が出来なくなるという可能性があります。

 

ですので、利用者が多い大手の取引所を選びましょう。

 

そのほかに注意することとしては、

・仮想通貨の仕組みやリスクについて説明している
・セキュリティが高い

こちらも確認しましょう。

 

仮想通貨の仕組みやリスクについては、
説明する義務があります。

 

しっかりと掲載があるかチェックしましょう。

 

②手数料の安い取引所を選択する

 

どの取引所もトレードを行う際には、
手数料が発生してきます。

 

ですが、手数料が高いと
その都度コストがかかってしまうので注意。

 

・入金
・出金
・取引

どれだけの手数料がかかるのかチェックしましょう!

 

業者は、取引の内容や手数料などについて説明する義務があります。

しっかりと記載があるかチェックすると良いでしょう。

 

③安定しない(変動率が高い)

 

仮想通貨は変動率が高く、
法定通貨等に比べて安定性は低いです。

 

毎日価格が変わります。

 

価値が急激に上がる日もあれば、
価値が急激に下がるというリスクがあることを理解しましょう。

 

仮想通貨の魅力

それでは、仮想通貨の魅力を4つご紹介していきます!

①価格変動が大きい 

 

一気に下がった時に買って
一気に上がった時に売る。

これが頻繁にできることが魅力と言えます。

価格の変動幅が大きい程、
大きな利益を得ることができるのです。

 

 

価格変動がよくわかるチャートをご紹介します。

 

2021年9月末は1BTC約400万円ですが、
2021年11月上旬は1BTC約700万円となりました。

1か月ちょっとで価値が300万円も上がっているんです!

仮想通貨は他の金融商品と比べて価格変動率が非常に高く
資金を大きくするには最適な投資と言えます。

 

②24時間365日取引できる 

 

これまでの金融商品は、
平日の売買しかできないものがほとんどでした。

 

しかし仮想通貨は土日祝日関係なく、
365日トレードをすることができます。

 

もちろん、時間の制限もなく
24時間トレードができます。

 

時間や営業日に制限がない自由度の高さ”は、
仮想通貨の大きな魅力と言えるでしょう。

 

③少額からスタートできる 

 

まず、今現在価格をチェックしてみましょう!

 

 

1BTC約500万円です。

 

そんな大金用意できない!と思っている方。

 

実は違うんです。

 

仮想通貨は小数点以下の小さな単位から購入ができます!

 

1ビットコイン=約500万

0.01ビットコイン=5万円の購入が可能

 

また有名業者のコインチェックは、
最小単位を「0.001通貨単位」としています。

 

500万円のビットコインであっても、
5,000円から買えるのです!!!

 

投資のハードル下がりますよね?!!!

 

特に初心者の方は、
大きな金額からスタートするのはとても不安だと思います。

 

ですので、このような小さな資金からスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

④価値を確立してきている 

まずはこのニュース記事をご覧ください!

 

日本では、ビットコインが貯まる
”bitFlyerクレカ”がスタートしました!

 

申し込みが殺到しているようで、
非常に注目を集めています。

 

今後、このような仮想通貨サービスは
増えていきそうですね!

 

仮想通貨で買い物ができることが当たり前になったり…

利用者が増えることで、認知度がさらに高まりそうです!

 

もう1つ、記事を見てみましょう!


ビットコインがエルサルバドルという国で法定通貨になったというニュースです。

 

例えば、日本で言う法定通貨は”円”

 

円がビットコインに変わるということですよ?!!!

 

すごくないですか?!!!

 

エルサルバドルはとても貧しい国で、
国民の7割が銀行口座を持っていないそうです。

 

ビットコインを法定通貨にすることで、
「公式の経済活動の外に置かれた人たちを取り込む」ことができるとされています。

 

個人的に、今後注目している国です!!!

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

今回は今更聞けない仮想通貨のあれこれについてまとめてみました。

 

・仮想通貨はインターネット上でやりとりできる財産的価値
・法定通貨とは違い、国による価値の保証(信用)がない=価格変動がある
・少額からスタートでき、24時間365日トレードが可能
・主要通貨の価値は確立してきている(決済手段となっている)

 

仮想通貨で日常の買い物ができるという状況まで来ています。

 

そのためこれから先
さらに仮想通貨への依存度が高まってくるでしょう。


そうすると仮想通貨の将来性と、価値が高くなりますよね。

 

仮想通貨を持っているのが普通となる時代が
そう遠くないのでは?と感じています。

 

これを機に少額でも良いので、
仮想通貨を購入してみてはいかがでしょうか?

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

ぜひ参考にしていただき、
これからの生活が少しでも豊かになると幸いです!

 

 

タイトルとURLをコピーしました