【FX鉄板エントリーポイント】初心者おすすめチャートパターンを解説!

記事

今回は初心者の方でも真似できる
FX鉄板エントリーポイントを解説していきます!

日足

では日足から解説していきます!

まず私が注目したポイントは、高値3点(赤い〇)です。

その3点の高値に合わせて下降トレンドラインを引き、
それと平行にチャネルラインを作成します。

そうすると、今のチャートは
下降トレンド内で動いていることがわかりますね。


しかも直近高値で反発が起きたばかりなので、
今後チャネルに向かって下降していく可能性も考えられます。

実は今回のトレンドラインを引く前は
違ったトレンドラインを引いていました。(上記の画像、黄色〇高値)

ですが、
今回作った高値が、トレンドの起点となった高値2点と合わさることから
新たにトレンドライン(画像の赤〇)を引き直したポイントになります。

4時間足

続いて4時間足です。

直近の上昇トレンドラインとチャネルラインを引きます。

今回は角度が急なラインとなりましたね。

そこを高値が切り下げ、
日足の下降トレンドで反発し上髭をつけました。

この時、頭が重くなってきたかなという印象を持ち、
そろそろ下降に転じてくるのではないか…というふうに思いました。

1時間足

次は1時間足です。

4時間足で確認した
高値が重くなっていることがわかります。

そして直近で形成されていた上昇トレンドの最後の押し目(安値)
ブレイクしている+上昇トレンドラインもブレイクしている状態

ここがエリオット波動1波かなと思いましたが、
水平線を引いてみるとどうでしょうか。

前回の安値と同じ価格付近で
下髭を出し反発しています。

水平線を引いてみるとわかりやすいですよね。

ですので
私が1波と判断したのはここではなく、
この水平線をしっかりと割ってきた次の安値を1波と判断しました。

・過去のトレンドラインをブレイク
・直近のトレンドの最後の安値を切り下げる

この2点は重要ですので、
しっかりと覚えていきましょう!

15分足

次は15分足になります。

15分足ではグランビルの法則が当てはまっていることがわかります。

・長期の移動平均線(MA)を一度ブレイクしている
・再度上昇する
・高値が切り下がる

この3点がキーポイントです。

その後、長期MAに支えられながら徐々に下降していきました。

5分足

最後にエントリー足となった5分足を解説します!

今回は1時間足の3波中の
5分足の3波を狙っていきました。

注目したポイントは三角持ち合いです。

個人的に三角持ち合いが出現すると
絶好のエントリーチャンスと思っているので
私の鉄板チャートパターンになります。

今回、三角持ち合いを形成し、
その後下方へブレイクしましたね。

そして、上位足においても下降傾向であったことから
ショートの根拠がより強まったポイントとなりました。

まとめ

いかがでしたか。

今回は今回は初心者の方でも真似できる
FX鉄板エントリーポイントを解説
しました。

初心者の方でもわかりやすい形になりますので、
最近FXを始めたばかりの方や、これからFXを始めていきたい方は
ぜひ参考にしていただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました