【FXダウ理論だけで勝てる?!】ママトレーダーが検証してみた!

記事


今回はダウ理論⑥
【トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する】に着目して、
実際のチャートでトレードの検証を行っていきます!

 

なぜダウ理論が重要なのか

 

ダウ理論には6つの定義があります。

この中でもFXのトレードをする上で、
ダウ理論
⑥【トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する】は非常に重要です。

 

なぜ重要かというと、
明確なトレンド転換が起こる少し前に予想することができれば、
優位性の高いポイントでエントリーをすることができ、
より大きな値幅を取れる可能性が高いから。

 

ですので、特に初心者の方は
まずこのダウ理論⑥のみを意識してみていきましょう。

 

ダウ理論⑥が完璧になれば、
チャート分析能力が上がると言っても過言ではありません。

 

それくらい重要で、
基本的なポイントとなります。


必ず抑えてくださいね。

 

明確なトレンドとは

 

まずは、トレンドの定義を理解していきましょう!

 

【トレンドの定義】

・上昇トレンド
高値②が高値①を切り上げ、安値②が安値①を切り上げた状態で、次に高値②を更新 

 


 

・下降トレンド
安値②が安値①を切り下げ、高値②が高値①を切り下げた状態で、次に安値②を更新

 

上記の形になると
明確なトレンドの発生と言うことができます。

 

FXトレードにおいて非常に重要なポイントとなりますので、
この形は暗記していきましょう!

 

ダウ理論⑥を活用したトレード検証


今回はFXのシミュレーション(検証)ソフト
フォレックステスターを使って検証していきます。

 

それではスタート!

 

まずは全体の相場観です。

高値と安値が切り上がっている状態が継続しています。

これは上昇トレンドの真っ最中です。

さらに進めてみると、
前回の安値を切り下げてきました。

その後は前回の高値の切り下げてます。

直近の安値をブレイクすれば下降トレンドが形成されますね。

おすすめのエントリーポイントは
完全にトレンドが始まったところではなく、
あと1点で(今回の場合、安値②をブレイクする前に)
トレンド転換を見据えてエントリーをしていくのがベスト。

上記画像のように、
過去に意識されていたライン上
反発することが多いので
このようなポイントは注目していたいところです。

 

では、ここでエントリーをすると
その後どうでしょうか?

明確な下降トレンドが形成され、
一度上昇しますが
前回の高値を切り上げずに再び再下降しましたね。

 

ダウ理論が当てはまる
非常にわかりやすく綺麗な形でした。

 

少しチャートの動きを進めて…

上昇トレンドを狙ったエントリーポイントを分析していきましょう。

最後の高値をつけた後、
安値を切り上げトレンドが転換してくるのではないかと感じますね。

ということで
最後の高値となったポイントに水平ラインを引いてみました。

それを今回の高値が割って(切り上げた)ことが確認できます。

次にポイントとなるのが
安値の切り上げですね。

チャートを進めてみましょう!

安値が確認できましたね。

ここが理想のエントリーです!

この後のシナリオとしては、
高値と安値が切り下がってしまったら損切、
高値と安値が切り上がっているのであればホールドです。

 

明確な上昇トレンドが形成後、
大きく伸びましたね!!!

やはりダウ理論はFXトレードをする際には
欠かせない分析方法ということが確認できます。

もちろん、すべてのチャートが当てはまるわけではありません。

でもダウ理論は多くのトレーダーが使っている分析方法だからこそ、
それ通りに動き可能性が高いのです。

トレードというのは
期待値を追い、期待値の高いところにお金を賭けていくもの。

ダウ理論=期待値が高い

今回の検証で確認できましたね(^^♪

 

動画ではさらに詳しく解説していますので、
もっと学びたい方はコチラをご覧ください。


https://youtu.be/zVJFMyNAx5M

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

今回は【トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する】に着目して、
実際のチャートでトレードの検証
について解説しました。

 

【トレンドの定義】

・上昇トレンド
高値②が高値①を切り上げ、安値②が安値①を切り上げた状態で、次に高値②を更新 
・下降トレンド
安値②が安値①を切り下げ、高値②が高値①を切り下げた状態で、次に安値②を更新
上記の定義は非常に重要なポイントとなりますので、
ぜひ日頃の分析の際に、注目してみてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました