【FX業者】国内vs海外 徹底比較します!

記事

今回はFXの国内業者と海外業者はどちらが良いのかについて

詳しく解説していきます!

国内業者メリット

①信頼性が高い

日本の業者は金融庁から厳しい審査を受けています。


そして国内業者のほとんどが上場している点から

詐欺に合うといったことはまずありません。

②スプレッドが狭い


海外業者に比べて、スプレッドが圧倒的に狭いのが特徴です。

 

 

スプレッドとは・・・

トレーダー側(私たち)が取引を行う際の

買値と売値の差のことを言います。

 

 

スプレッドが狭いほうが、

低コストで抑えることができるため私たちにとって有利です。

 

 

なるべく自分自身がエントリーしたポイントと

実際に注文されたポイントのズレをなくしたいという方は

国内業者がおすすめです。

 

 

③税率が一律20%である


どれだけ稼いでも税率は20%であるため、

大きく稼ぐ方には国内業者が向いています。

 

 

年間利益が195万円以下であれば海外業者、

年間利益が330万円以上であれば国内業者がお得です。

 

 

海外の税率については、

後ほど詳しくお伝えします!

国内業者デメリット

①追証がある


追証:追加の証拠金

 

 

自身の口座の残高がマイナスになってしまった場合、

そのマイナス分を業者から請求され

支払わなければならないということがあります。

 

 

これがFXでいう最大のデメリットと言っても過言ではありません。

 

 

追証が原因で数十万、数百万と借金をした方がたくさんいます。

 

 

入金した資金とは別に、マイナスになった資金を払うというのは

大きなデメリットになります。

 

 

②レバレッジ最大25倍


レバレッジ:持っている資金を何倍にも自由に増やせることができるもの。

 

 

これはFX最大の魅力です。

 

そのレバレッジが国内業者は最大25倍に制限されています。

 

 

この規制は年々強まっていて、

2010年は最大レバレッジ50倍でしたが、

翌年には最大レバレッジ25倍と変更され、

その制限が今も継続しています。

 

 

この規制は、トレーダーを守るためのものではありますが、

資金効率を求めるトレーダーにとっては国内レバレッジの低さは懸念点となっています。

 

 

海外業者メリット

①取引の透明性が高い


FX業者は大きく分けて2つの取引方式があります。

 

 

1つ目はNDD方式

 

海外業者で多く使用されています。

顧客である私たちトレーダーの注文が、そのまま市場に流れます

 

 

2つ目はDD方式。

国内業者で主に使用されています。

 

これは顧客である私たちトレーダーの注文が、FX業者を介して市場に流れます

 

私たちの注文をFX業者が操作して市場に流すため、

業者側に約定を操作されてしまうというデメリットがあります。

 

 

一方、海外のNDD方式は私たちと業者を介さないため、

業者側に操作されることないことから

透明性の高い取引がしやすいというのがメリットです。

②最大レバレッジが高い


海外業者のレバレッジは数百~数千倍で取引を行うことができます。

国内業者は最大25倍です。

 

 

例えば、1万円の資金を用意します。

 

国内の場合は最大で25万円分の取引しかできませんが、

海外の場合(私が使っている海外業者)は最大888万円分の取引ができるのです。

 

 

国内:1万円 ⇒ 25万円

海外:1万円 ⇒ 888万円

 

同じ1万円でも海外業者のほうが圧倒的に大きな金額でトレードができるため

資金効率が良くなります。

 

 

これは大きなメリットと言えるでしょう。

 

③追証がない


国内業者において最大のデメリットであった追証ですが、

(マイナスになった分を払わなければならない制度)

 

海外業者の場合は、

口座残高を上回る損失が出たとしても

口座残高以上(入金額以上)の損失は全て業者側が負担してくれます。

 

 

借金が発生しないという点が、最大のメリットになります。

 

 

④ロスカット水準が低い


国内業者はだいたい50%~100%であることに対し、

海外業者はロスカット水準平均20%程度です。(稀に0%の業者も)

 

 

少しの損失でも強制的にロスカット(トレード終了)されてしまう国内業者に比べ、

海外は損失に耐えやすいためトレーダーにとっての大きなメリットと言えます。

 

⑤ボーナス・キャンペーンがある


例えば、口座開設や入金をしたらボーナスがもらえたり、

トレードをするほど現金に変えられるボーナス(ポイント)がもらえたり、

このようなキャンペーンをしている業者が多くあるのです。

 

小額から始める方にとって

とても嬉しいサービスですよね。

 

⑥業者を変更しても同じトレードツールが使える


基本的に業者を変えると、

今まで使っていたトレードツールが使えなくなることが多いのですが、

海外は有名なMT4であったり、MT5を使うと

業者を変更したとしても継続してツールを使うことができます。

 

 

手続きや解約を繰り返さずに済むのは良いですよね。

 

海外業界のデメリット

①日本語が通じない可能性

海外の業界であるため

為替ニュースやメール配信は基本的に英語です。

 

 

このデメリットの対策としては

その業者に日本人スタッフが在籍しているか、

利用規約が日本語で書いているか、

この点を確認していきましょう!

 

ですが、よっぽどマイナーな業者を利用しない限り

このデメリットは当てはまらないのであまり心配はいりません。

 

 

②取引手数料やスプレッドが大きい


日本から海外業者へお金を送ったり、受け取ったりするため

入出金の手数料が、国内よりも多くかかる可能性があります。

 

 

③取引方法や入出金方法が複雑である可能性

マイナーな海外業者を選択した場合、

日本語表記がなくすべて英語である可能性があります。

 

取引方法をわかりやすく

具体的に公開している業者を選びましょう。

 

④稼げば稼ぐほど高い税金が適応される

年間330万円以上稼ぐと、

国内の税金より高くなります。

 

こちらの表をご覧ください!

国内は一律20%なので

海外業者がデメリットになる境目としては、

330万円以上稼ぐと国内よりも高い30%の税金が適応されます。

 

 

ご自身のFXの利益に合わせて、

国内と海外の比較をしてみてくださいね。

 

おすすめ業者

これまで各国業者のメリットとデメリットをお伝えしてきました。

 

 

それを踏まえて、私がおすすめする業者は

『XMTRADING(エックスエムトレーディング』

という海外のFX業者になります。

 

XMTRADINGは

レバレッジが888倍で、もちろん追証はありません

 

日本語サポートもあります。

日本人スタッフの在籍と、利用規約も日本語対応なので安心です。

 

そして入出金の手数料が無料です。

 

私はXMTRADINGを利用して3年経ちますが、

やりづらいと感じたことや、入出金のトラブルは一度もありません。

 

 

海外FX業者の最大手であり、

日本人トレーダーの口座開設数ナンバー1であることから

信頼性があり安全性の高い業者だと言えます。

 

まとめ


いかがでしたか?

今回はFXの国内業者と海外業者はどちらが良いのかについてまとめました。


FXの業者選びのポイントは
国内、海外においても

安全性・信頼性

 

その他、税金やスプレッド幅に関しては

国内と海外のメリット、デメリットを踏まえて

ご自身のトレードスタイルに合わせて決めてみてください。

 

個人的には海外業者(XMTRADING)を最もおすすめします。

 

海外業者のデメリットをいくつかお伝えしましたが

XMはほぼ補ってくれるので間違いない業者です。

 

ぜひ今回の内容を参考にしていただいて

これからFXを始められる方、業者を変更しようと考えられている方のお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました