【すぐ使える!!買いポイントが分かる!!】グランビルの法則③買い増し

記事

グランビルの法則の3回目になります。

今回は、買い増し」について見ていきましょう!

 

 

 

グランビルの法則とは

価格(ロウソク足)は、移動平均線に沿って動いたり離れて動いたりしています。

しかし、そこには一定の法則があります。

これを8つの基本原則として当てはめたものが

グランビルの法則と言います。

 

8つの基本原則を判断するときに注目する2つのポイント

8つの基本原則を判断するときに注目する2つのポイント

ロウソク足と200日移動平均線

です。

移動平均線に対して価格がどの位置にいるのかを見る

具体的に言うと、

・200日移動平均線の方向感。下向き?横這い?上向き?

・200日移動平均線に対してロウソク足が離れているか?上にある?下にある?

この点に注目します。

 

 

グランビルの法則③買い増し

今回の買い増しは、

・移動平均線が上昇
ロウソク足が移動平均線の上
・ロウソク足が横這いor少々下降し移動平均線に近づく
・移動平均線を割らずに上昇

以上のようなときが買い増しのポイントとなります。

 

チャートで実際に見てみましょう!

 

買い増し 実例1

移動平均線の上昇が確認できますね。

ロウソク足も移動平均線の上にあります。

 

③ロウソク足が高値安値を切り下げているのを確認できます。

少々下降中。

 

⑤ロウソク足が移動平均線に近づいてきましたが、

割らずに上昇しました。この上昇で買い増しします。

 

 

買い増し 実例2

移動平均線が上昇中です。

ロウソク足も移動平均線の上にありますね。

 

ロウソク足が下降して

移動平均線を割らずに上昇。ここで買い増しです。

 

ちなみに、

下のチャートの部分でのグランビルの法則は何だったでしょうか??

考えてみましょう!

 

答えは・・・・・

 

 

新規買い

ですね!

 

 

買い増し 実例3

それでは、次のチャートの買い増しポイントはどこでしょうか?

考えてみてくださいね。

 

 

 

見つけられましたか??

 

 

今度はロウソク足がやや横這いのバージョンですね。

そこからの上昇で、買い増しします。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ぜひ、チャートを止めて、過去を振り返って、このようなポイントがあるか

確認してみてください。

その時に、

ここは新規買い、ここは押し目買い、ここは買い増し・・

そんな風にチャートを見て判断してみてくださいね。

そうすることで、リアルでチャートが動いている時にも

相場が読めるようになってきますので、ぜひ実践してみてください。

 

 

まとめ

【買い増し】

①移動平均線が上向き

②ロウソク足が移動平均線の上

③ロウソク足が少々下降または横ばい

④ロウソク足が移動平均線を割らずに上昇

⇨買い増しする

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました