【ライフイベントにかかる費用】お金足りる?!!結婚 学費 マイホーム

記事

今回はライフイベント、つまり結婚家族が増えたりなどの輝かしいイベントに

かかる費用について解説していきたいと思います。

これらは、会社からもらうお給料だけで賄っていけるのでしょうか?

これからご結婚される方はぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

結婚

新生活のためには、引っ越しから始まり、家具一式を揃えたり

何かとお金がかかってきます。

結婚ともなると、新しくする家具も多いため、100万円は見込んでおいた方がいい

言えます。

 

結婚指輪

結婚指輪の平均は

婚約指輪:約35万5000円
結婚指輪:約24万2000円(二人分)

ですが、

もちろんこれは平均であり、ダイヤモンドの大きさや素材、ブランドなどで

だいぶ変わってきます。

  

結婚式

結婚式の費用は、それぞれが約100万円以上です。

会場やお料理、招待する人数、オプションによってだいぶ変わってくるものでは

ありますが、結婚式を挙げるとなると、費用はかなりかかるということを

押さえておきましょう。

ただし、いただいたご祝儀である程度負担できるため、

全てを自分たちで払うわけではないです。

どれくらい賄えるかも、会場の広さや人数などによってまちまちですので

具体的にしっかりと下調べする必要があります。

 

新婚旅行

新婚旅行は約50万円以上は見積もりましょう。

これは、場所によってもだいぶ変わってきますが、

ホテルと航空券代だけの金額です。

現地での食事やお土産代は別途かかると見積もってください。

新婚旅行ということで、思い出にも残るもの。

ここでケチってしまうと、それも心に残ってしまいますから・・

余裕を持ちましょうね。

 

育児と学費

育児費用

一人当たり:約104万円
これは未就学児の場合です。
2人いれば×2倍ですね。
 

この中には、子供のための貯金なども含まれますが、

保育園に預ける場合は別途保育費がかかってきます

これが大きいです。

アルバイト程度ですと、働いた分は全て持っていかれると考えた方がいいでしょう。

 

学費

子供が小学校に入ってから社会人になるまで

かかる費用は、なんと1000万円を超えます

その中でも一番お金をかけている部分というのが

学資保険と言われています。

半数以上の方が学資保険を掛けている

また、次に多いのは、銀行預金というデータがあります。

愛する子供のために、せっせと貯金している親御さんが大半ということですね。

 

住宅

 

次に、マイホームですね。

3番目ですが、人生で一番大きな買い物と言われています。

住む場所によってかなり金額が変わってきます

 

毎月の支払いの平均が、

平均:7万円前後×35年返済
首都圏:13万円前後×35年返済
となっています。

首都圏の場合は、平均13万円くらいが最も多いということです。

 

まとめ

どうでしたか?

けっこう思った以上にかかると思われましたよね?

個人的には、会社からいただくお給料以外に、お金に動いてもらう収入、

この2つの収入源を考えた方がいいと思っています。

 

会社からいただくお給料には上限があります。

働く時間にも上限があります。

それらはなかなかすぐには上がらないですよね。

それらをただ預けているだけなのであれば、

それを運用に回してお金に動いてもらう、ということがおすすめです。

 

ライフイベントは輝かしいものなのですが、

それと同時に大きなお金が必要になってくるというのも現実です。

そこにいかに早く気づいて、見据えて行動に移せるかということが

将来の大きな差になってくると思いますので、

ぜひ、この動画を参考にしていただいて、これからのライフイベントに活かしていただければと

思います!

 

まとめ

・労働+お金に働いてもらう

2つの収入がおすすめ。

・目先のことだけでなく、将来に向けての準備をしていく。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました