外国為替相場の1日の流れを知ろう!

記事

こんにちは!

トレードを始めた方にとっては

バイナリーオプションにしろFXにしろ、

ただ闇雲にチャートを見るのではなく

為替相場の一日の流れを知りながら

チャートの動きを見ることが大事になってきます。

  

外国為替市場は24時間動いているのですが、

主に大きな市場として

東京マーケット、ロンドンマーケット、NYマーケットがあります。

 

それぞれの市場に特徴があるので、

今回はそのことについて見ていきたいと思います!

 

24時間動いている為替相場

 

為替相場というのは

世界中のあらゆる場所で24時間動いています

そして、株式と違い、「外国為替市場」に建物等の場所、は実は存在しないんですね。

それでは、一日の流れを見ていきます。 

  

一日で最も早く動き出すのは、

ニュージーランドのウェリントンです。

日本時間のだいたい午前5:00からです。

 

続いてシドニー・メルボルン、東京、香港・上海(中国)、シンガポール、ドバイ、フランクフルト、ロンドン、そしてNY、と、

取引の中心が移っていきます。

NY市場は日本時間のだいたい21時~翌朝6:00(夏時間)なので、

このように外国為替市場は24時間稼働しているんですね。

 

 ※上の図は冬時間です。アメリカ⇨11月第1日曜日~3月第2日曜日まで(夏時間は-1時間)

朝5時~7時

 

この時間、ニュージーランドのウェリントンから

市場が始まりますが、

NY市場が終わったばかりの時間帯です。

そのため、大きな値動きはあまりなく、一日のうちで最も値動きの

少ない時間帯となります。

  

しかし、週末に大きなニュースがあった時や、

NZの政策金利発表などがあるときなどは

オセアニア関連の通貨が大きく動きます。 

特に、大きなニュースなどがあった場合、朝6時から

機関投資家の取引が始めるため値動きがあります。

しかし全体としては、朝8時頃までは値幅の少ないレンジ相場

なりやすいです。

 

東京市場

午前8時~午前9時

まとまった注文が入りだすのが朝8時頃からです。

これは、

取引がスタートするだけでなく、

日本株や日経平均先物の気配値も8時から動くため

思惑で相場が動くこともあるためです。

特に月曜日は要注意で、週末に起きた主要人物の発言や経済イベント

事件などが為替相場に反映されることがあります。

 

また、8時半を過ぎると日本の経済指標の発表がありますが、

日本の経済指標はよほどのことがないと

アメリカのそれに比べるとあまり大きな影響は

ありません。

 

午前9時~10時半

午前9時を過ぎると東京市場がオープンし、

さらにまとまった注文が入りだします。

 

特に注意なのが、

午前9時55分仲値(対顧客に対して金融機関が決めるその日のレートのこと)が

決まるためやや大きく値動きがあります。

 

これは、輸入企業のドル買い注文が9時55分に集中するため

円安ドル高になる傾向があるためです。

そのため、この時間のバイナリーの取引には注意が必要です。

このような背景から、

テクニカルが効かなくなる時間でもあるからです。

 

 

午前10時半から11時半

中国の上海市場が動き出すのがこの10時半です。

10時半くらいになるとオセアニア通貨もよく動くことがあります。

それは、オセアニアの指標発表が多いからということも

ありますが、

10時半に中国株が動き出すという背景もまたあります。

中国はGDPが世界第2位とあって、為替への影響度は高いです。

 

また、対中輸出が3割を占めるオーストラリアも影響度が高くなります。

そして、この時間帯にオセアニアで指標発表があると

その結果が一日中オセアニアの相場に影響を及ぼすこともよくあります。

所謂、トレンドに乗り続けるという状況ですね。

午前11時半から12時半

11時半~12時半は日本の株式市場がお休みとなるため

比較的値動きは少ないです。

 

12時半~15時

日本株の後場(午後の取引)がスタートします。

 

日経平均株価の影響とともに

アジア市場も開き始めます

 

また、14時には投資信託の外貨買いが行われるため

円安にもなりやすい傾向があります。

  

そして、15時東京株が閉まるのと、東京オプションカット(通貨オプションの権利が失効する

締め切り時間)があるため

為替市場にも影響があり

荒っぽい値動きになることがあります。

そのため、注意が必要な時間帯でもあります。

 

ロンドン市場

 

世界第1位の取引量を誇るのが

このロンドン市場となります。

アジア勢に欧州勢も加わることで取引量が一気に増えます

 

ロンドン市場オープン後しばらくは、

ボラティリティがそれまでとは一気に変わりますので

RSIなどの数値はあてになりません。

 

その意味で、マーケットオープン直後から30分くらいは、

インジケーターを使ったバイナリーでの取引には特に注意が必要と言えます。

また、英国やユーロ圏の指標発表が多く、指標に素直な動きをすることも多く、

 

それまで動かなかった東京市場とは値動きがガラリと変わることが多いです。

特にポンドの値動きが激しくなるため注意が必要です。

 

 

19時~21時

この時間帯は、

欧州の指標発表もひと段落して

落ち着いた相場になることが多いです。

あまり大きな値動きはなくレンジ相場になりやすいため

バイナリーには向いているかもしれません。

 

NY市場

夏時間は21時からNYマーケットがオープンです。

 

取引が一気に増える時間帯となります。

 

21時~23時

24時間の中で為替が最も動く時間帯が21時半から23時頃です。

そしてこの時間帯に重要な指標発表が多いのですが、

最も重要な指標となるのが

毎月第一金曜日にある米国の雇用統計です。

この結果次第で為替は大きく動くことになるので

必ずチェックしましょう。

そのほかにもGDPなど重要な指標が目白押しです。

  

東京市場で全く値動きがなかったとしてもこの時間帯で

一気に動き出すことがあります。

 

特に21時はロンドンでが活発に動き出す時間でもあります。

そして金とドルは逆相関関係にあります。

つまり逆の動きをしやすいということなんですね。

 

同じく原油もこの傾向が見られ、22時以降動き出します。

 

23時~24時

23時(冬は24時)はニューヨークオプションカットがあります。

15時にあった東京オプションカットよりも

圧倒的に取引量が多いため、24時前後は注意が必要です。

その時間帯を過ぎればまた

相場は落ち着いてきますが、 

24時はロンドンフィックスというロンドンで仲値が決まる時間帯のため

相場が動きます。

 

24時~5時

米国の指標発表があるときは思惑などで

相場も動きますが

3時を過ぎるとニュースなどがない限り

相場は落ち着きレンジ相場へとなっていきます。

 

そして5時のウェリントンへ向けて

市場はバトンタッチしていく流れとなります。

 

まとめ

どうでしたか?

 

チャートはテクニカル分析が大事ですが、

やはり仲値のような毎日決まって起こる

時間帯の癖、マーケットオープン直後の動き、

または雇用統計前の動きやそのあとの動きというものは

意識しておく必要があると思います。

 

負けた原因が分かるものを減らすためにも

必要です。

 

今回は初心者さん向けにざっくりと書いていますが、

もっと細かくみていけば、

NYダウや株との関係ももちろん関わってきます。

 

気になる方はぜひご自身で調べてみてくださいね!

そうしてより身になります。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました